テーマ:蕎麦

貧乏人には貧乏人の意地がある

消費増税後の初めての外食で新蕎麦を食べ、会計でカード使えますかと尋ねたら現金かPayPayのみ利用可と言われ、現金で支払いを済ませた。電子マネーの利用も少しだけ考えたことはあったものの、サイトを進もうとするとパスワードなどを要求するので引き返した。 そもそもポイント還元なんたらがイマイチ理解できぬ。メディアはそのメリットを強調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恵まれ過ぎている

4時頃だったか、いまチェックインしましたとメールを頂いたものの、こちらの仕事終わりが遅れてかなり待たせてしまった。 彼は先に入浴を済ませるから問題ないと言うが、午後も仕事を入れた私のミスだ。 で、急いで滞在先のホテルへ出向いた。 久し振りの豆太郎さんとの再会である。 顔を見た途端に感極まった。 明日だけのために、わ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

たまには起承転結のない話でもしてみよう

「キミってバカだよね」 秋の七草はまだ早いかなと、偵察に訪ねたあきる野市の大悲願寺の境内で相棒が言った。 知り合った当時は、バカがバカって言うなとバカにしていたが、いつものことなので無視をする。 無視しても、独り言のようなものなので、一向に構わない。 初対面だと面食らうが、思いついたことを口にしただけのことで、慣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経営者が替わったのかな?

暑い → 車の冷房をガンガン回す → 寒くなる → 温かいものが食べたくなる。 蒸し暑い日中だったが、天ざるうどんを食べるつもりで、わざわざ東京を離れて埼玉県の所沢へ出向いたのに、そんなわけで温かい蕎麦を食べようと決めた。 この店は、ほぼ三年振り。 一本丸ごと揚げた、アナゴの天ぷらで有名なのだ。 とにかくそれは特大サイズ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

餅は餅屋 蕎麦は蕎麦屋

午前中は餅搗き大会に参加し、といってもただボーゼンと見てただけなんですが、それでも最初から最後まで見届けて美味しく頂いたのですから、これは誰がなんと言おうと参加したことになるわけです。 搗きたては、やはり一味もふた味も違います。 シアワセなひと時でした。 で、午後は友人が年越し用に蕎麦を打つというので、その支度をちょっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

うかつでした

暑さに負けてしまったようで、食欲がありません。 でも何か食べなければ…。 街中を歩いていると、ツツーッと背中を汗が伝い、不快指数100です。 とにかくどこか冷房の効いたお店に避難したい、そして何かさっぱりしたものを食べなければ。 何しろ朝はオレンジジュース一杯だけだったので、体力保持も重要です。 目の前にお蕎麦屋さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蕎麦講釈バカの秘密

打ちたての美味い蕎麦を食わせてやろう 頼んでもいないのに、蕎麦講釈バカの友人が大荷物を抱えてやって来た。 (以後、「バカ」と省略) 蕎麦粉、小麦粉、麺つゆ、ワサビ、こね鉢、めん棒、包丁、そして水まで持参した。 ダイニングテーブルの上を片付け、バカを制して私が打つことになった。 その理由はこちら→<「蕎麦をたぐ…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

カモ何番?

カモ、オシドリ、カルガモの三羽が飛翔競争をすることになった。 カモはこの競争にどうしても勝ちたかった。 オシドリは毎年のように相手を替えるにも関わらず円満夫婦の代名詞のように賛美され、カルガモはチビたちをただゾロゾロと連れ歩くだけで人間に持てはやされる。 カモはそれが面白くなかった。 脚光を浴びるまたとないチャンス、カモは懸…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

蕎麦をたぐりに奥多摩へ

春の陽気に誘われ、奥多摩の御嶽にある「玉川屋」へ蕎麦を食べに行った。 喉ごしの良さとつゆの味は絶品。 茅葺き古民家の造りも心がなごむ。 食後に歩いた御岳渓谷は梅の盛り。 雪解け水を集めた多摩川は水勢激しく岩を穿ち、とうとうと流れ下る。 キャンディーズの「春一番」が口をついて出た。 以前どこかに、 「手アブラも一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっきりやの蕎麦畑

鳥インフルエンザ何のその。 大量の鶏糞肥料を手播きした努力が報われ、生育は順調なようです。 他に有益な作物はあれど、すべて猿、熊、ニホンカモシカ用午餐として提供する結果になってしまうのです。 しかし蕎麦だけは獣害を受けないとのこと。 収穫が楽しみです。 猿は作物を食い散らかす。 熊は畑を踏み荒らす。 そして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山田義春翁顕彰之碑

今でこそ蕎麦やうどんをこねる木鉢はポピュラーな存在ですが、ここ和山の山田翁が八十年前に冬季の内職で作ったものが全国的に広まったと言われています。 もちろんすべてが手工芸で少々値が張りますが、一生物の優れた道具です。 世に『手打ち』と名のつく食べ物は多い。 根気強く丁寧にこねられた蕎麦やうどんはコシがあって誰もが好き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード