テーマ:一日

飯を炊く

都会では味わえない、生きている実感が得られます。 薪を割り夏草を刈り飯を炊く   私は私であることに感謝する   時雨亭
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妻沼聖天山など

埼玉県熊谷市の妻沼聖天山までやって来ました。 すぐ北は群馬県です。 時短のため、ほぼ画像のみで済ませます。      ん君                                あ君        せっかくここまで来たんだから見学しようよ~、と連れが言うの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

おひとりさま

人生の終末期に限りなく近づいている人が周りに数人いて、このままでは共倒れになるのではと、最近は少々鬱傾向にある。 かと言って無神経ではいられないから、電波の届く範囲で独りになり、自分だけの時間を確保して鬱状態を改善しようと考えた。 無神経とは、阿呆と同義語である。 本音を自嘲すれば、時には逃げてしまいたいことがある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家のつくりやうは夏をむねとすべし

午前中の驟雨が昼には上がり、蒸し暑くなった。 そして夕方には強烈な西日が射し、耐え難い一日だった。 家へ戻れば熱を溜め込んだ部屋が待っている。 誰もいない留守の間、家は死んでいるというが、文明が発達したいま、スマホで外出先からエアコンの操作ができるという。 ガラケーに固執しているので、それは無理な相談であるし、エアコンも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の二十三回忌

母が亡くなって二十二年の月日が流れた。 まだ母が逝った歳には何年もあるが、兄が逝った五十一歳はとっくに過ぎた。 午前十時にお坊さんがいらして、お経をあげて頂いた。 途中でお焼香をして、最後に有難いお説法を拝聴した。 母について思い出すことは星の数ほどあるが、ここに書いても仕方ないものだし他愛のないことばかりである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲州裏街道を往く

NHKが、奥多摩は紅葉が見頃だと伝えていた。 それで1日、紅葉狩りに出掛けることにした。 青梅街道を西進し、まずは腹ごしらえで、御岳の「玉川屋」で新蕎麦を食ようと決めて11時に入店。 口開けらしく、まだ他に客の姿はない。 これ幸いと、窓際の一番眺めの良い席に陣取る。 NHKのいう通り、窓越しの紅葉は今が盛り。 古民家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倶会一処

帰宅すると、この時期になって喪中のハガキが届いていた。 それは同じ都内にいながら、遠い親戚からのものだった。 遠いとは、年賀状やお歳暮が届く程度の関係で、今年のお歳暮はかなり早く届き、珍しいことだな、と思っていた。 こちらも毎年送っているから、それこそ「行って来い」の状態で、互いに連絡することはない。 だからこそ、お歳暮が届…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅は道連れにするな

東北へ向かう友人と、出発前にどうしても打ち合わせして置かなければならないことがあって、東京駅構内で待ち合わせをした。 東京駅は、丸の内も八重洲も長年に渡って工事が続いていて落ち着かない。 レンガ建築を戦前の三階建てに戻してステーションホテルを新装させたり、高崎線か宇都宮線か常磐線か、いったいどの路線を上野から延長するのかは知らね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ忘年会シーズンですね

もっと小まめに更新しなさいと、アドバイスか要望か命令か分かりませんが、そう言われたので、ネタはないけどパソコンに向かいます。 住所を頼りに初めてのお宅へ伺うと、玄関に入ったとたん、カラフルなブローチなどが目に飛び込んで来ます。 このお宅は手作り小物や、リフォームした衣類など、様々なものを…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

終わり良ければすべて良し

かなり遠縁の、爺さまと婆さまが上京した。 爺さまは前日に来たものの、婆さまは家のことなどもあり、今日になった。 そこで東京駅まで迎えに出た。 息子から、 「何時何分発の何号車に乗せました」 と連絡があったので、その婆さまの特徴を聞いて待っていた。 爺さまは何度か会って知っていたが、婆さまは初対面。 何色の服で、バッ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

パン屋でパンを買う

早朝から人と会うために都内にいると、 「千葉へ向かってくれない?」 と連絡が入りました。 車移動だと、こんな指令は日常茶飯事。 それでも内心では、 「おっ、房総の海が見られるかも」 と期待します。 ところが向かう先は流山で、確かに千葉県には違いないけれど、なんだかなあ、なのです。 ということで、首都高に乗りました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日が有意義とは限らない

当直明けで、さあ帰ろうと支度をしていたら、実家から着信があり、 「扇風機が欲しい」 と言ってきた。 いま使っているのが壊れたのかと訊くと、そうではなく、もう30年も使っているから、新しい扇風機が欲しくなったとのこと。 我が家も同様、30年前のものをまだ使っている。 異音がして壊れそうだ、とかであれば仕方ないが、リクエストと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰とも会話せずに一日が終った

19日の早朝、目覚めた時から、体に少し違和感があった。 それでも出勤して昼頃までは静かにデスクワークをこなしていた。 そこで急に、くっさめ三連発。 おまけにビヨ~ンと洟が垂れた。 (ーー;) 「風邪引いたんじゃないの」 「そんなことはない」 「でも声が変だよ」 言われてみれば、自覚がある。 「フランク永井か水原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分を褒めてあげた

都内を車で移動していると、あちこちで渋滞してます。 渋滞の先にはKC庁の本官多数が車線をしぼり、いやらしい目つきで通過する全車両を睨むのです。 中には893まがいの人相の本官などもいて、KC庁総動員であることが分かります。 これも「えいぺっく」の余波なのでしょう。 横浜周辺では、都道府県すべてから本官の応援が来ているとか…。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京ジャズ2010 二日目

お佳奈ちゃんことKANAOくんが、「東京ジャズ2010」の二日目、ラリー・カールトン&松本孝弘が出演する昼間のチケットを一枚、隠匿しているという情報を入手した。 すでに全日分がsold outのプラチナチケットである。 入手したのが情報だけでは仕方ない。 どうしてもチケットを入手したい! 「ぼくね、ラリー大好きなんだ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

よっしー三昧

  早朝からの仕事を昼で切り上げ、   新宿へ向かった。   喫茶店で待つこと5分、   茶色のキャップを被ったよっしー登場。   久し振りの再会だ。   保健所の営業許可書を見せてもろた。   今年はお客さんが少なかった由。   秋の紅葉シーズンに期待しませう。   ヨドバシカメラへ移動。   ほ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

闘わずして日が暮れて

午前10時に人と待ち合わせをしているので、また新宿に出た。 また新宿かよ、と言われても、相手のあることだから仕方がない。 待ち合わせの相手は「人」である。 こんな書き方に、ふと疑問を覚えた。 「人と待ち合わせ」 当たり前の表現である。 私は新宿でマウンテンゴリラやカモノハシと待ち合わせはしない。 どうもまた、くだらない…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

バカだって風邪をひく

この半年ほど、不急の用事や約束をキャンセルしていたせいで、最近は何かと忙しい。 で、どういうわけか風邪をひいてしまった。 人混みの中を歩いたり、満員電車に乗ったりしたのが原因のようだ。 暑かったり寒かったり、お彼岸前後は体温調節が難しい。 それでもこんなもん大したことないだろうと、高を括っていたのがいけなかったようで、朝…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

起て万国の労働者

前日からの続きです。 今日の午後には帰ることに決めて、よっしーが用意してくれた美味しい朝食を頂きます。 もう三泊、そろそろ失礼しなければあまりにも図々しい訳で、次回は東京で会う約束をしました。 それでも今回は、一宿一飯の恩義があります。 今日も薪を積むというので、それを手伝うことにしました。 力仕事の苦手な私ですが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

都心ウロウロ

都内の用事を一気に片付けてしまおうと突撃したものの、助手が組んだスケジュールは滅茶苦茶で、都心を右往左往。 信濃町でひとつ用事をこなし、次は中野方面へ。 新宿でやっぱり渋滞に捕まった。 ナビの情報ではどこもかしこも混んでいる。 仕方ないな、と思いつつも時間ばかりが押して行く。 それにしても、みんな何かの目的を持って車に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の運勢

朝、家を出る前にテレビで「今日の運勢」をやっていた。 占いとかの類は信じていないのでいつも無視しているが、駅の階段でコケて転びそうになった。 これが凶兆かと、昼食は楽しみにしていたカルボナーラをあきらめて、ふたつあるラッキーアイテムのひとつであるカレーパンをミスタードーナツで食べた。 (東京のヒトであるわたくしは、天地が引っく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人形の呪縛

作者名は知らなくても、きっと誰もがこの作家の人形をご存知でしょう。 映画「鉄道員(ぽっぽや)」で重要な場面に使われたことでも知られるようになりました。 ジュサブローの人形の魅力と同様、作者の呪縛に捕らわれて、激しく惹かれるもうひとつの虚構世界が胸に満ちます。 郷愁、抒情、追憶、そして淡い恋心。 この人形たちに接すれば、たとえ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

二万歩の男

今日はシーツの山のお見苦しい写真で恐縮です。 昨日は満室でした。 最近足が張るので試しに万歩計をつけたところ一日でこの数字。 主に館内の移動だけだったので少し驚きました。 非効率的な動きもあるのですが、泣き言を言ってはいられません。 なにしろ今日宿泊のお客さんがいつ到着するか判らないのですから。 一日の流れを紹介…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード