新元号ラプソディ


画像



 春なれど人生の秋の心地して浮世離れの憂き世に憂く日   時雨亭

 労働は常に奴隷の役目なり大多数が苦痛の代償に収入を得る

 失敗せぬつもりの失敗多々あって95デシベルでラーメン啜り帰る

 ひきこもりつなみかろうし国際語その共通言語は人類の悶え

 けしからん、厳罰にせよ、利害関係なくとも処罰感情一般化した平成の逝く

 子供でも気づくフェイクが新聞社の校閲通る狂気の御世

 貧困の固定化進む世となりぬ社会からこぼれし人のなれの果て孤独死

 公僕小人閑居して不善を為すブラフの群れと巷間の言ふ

 ご指摘の日に加計理事長と会ったことはない念のため官邸の記録を調べたが確認できなかった

 働かせ方改革本日より施行せしもボーっと生きてる民こぞって新元号に酔う







      ※ おまけ画像
画像



"新元号ラプソディ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード