春は名のみの風の寒さや


画像
梅開花の報せもちらほらと聞くようになったが、自宅近くでやっと今年の梅を見つけた。
北風に乗って、梅の香が漂って来たのだ。

何年経っても、今日という日は特別な一日である。
彼の人生に伴走しようと決めたにも関わらず、そんな想いもたった一年しか持てなかった。

寒い日が続くけれど、あと一か月もすれば今度は桜が咲く。
雌伏の時を経て、命は再生するのだ。
そう思ったら、心に刺さった棘から悲しみが溢れ出した。

思ふこと心のままに語らはむ馴れける人を花もしのばば

京にとどまった建礼門院右京太夫が、木曽義仲の進攻によって西へと敗走した、愛する頭中将平資盛を梅花に託し詠んだ歌だが、そんな背景を知らなければ、我が身にも堪える、しみじみとした歌である。

白梅か紅梅かは不明ながら、平家であるからには必然的に紅梅だろうと推測できる。

紅梅を好む傾向は、平安期にさかのぼっても明らかだ。
枕草子には以下の一行がある。

木の花は、濃きも薄きも紅梅

清少納言のみならず、紫式部も「源氏物語」で、春の御方、紫の上の紅梅への愛着を綴っている。
道真の飛梅が紅梅らしいと聞いたことがあるので、王朝女房たちの好んだ色も、その影響を受けていると考えてよさそうだ。

万葉集では、梅の歌は桜の歌の三倍にも及ぶという。
早春を代表する花木であることは間違いないものの、桜に勝るほどに親しまれた証しだろう。

ところが、その清澄な香りを詠んだ歌となると、万葉集の中ではただ一首しか見つからない。
巻二十に収められた市原王(いちはらのおおきみ)の歌である。

梅の花香をかぐはしみ遠けども心もしのに君をしそ思ふ

こちらもいまの心境に突き刺さるような歌だ。
それでも白梅か紅梅かはわからない。
万葉の時代では、どちらの色がポピュラーか、付け加えるまでもなかったのだろうか。

ところが、手掛かりのような一説を見つけた。
家持の父、旅人が自宅で催した梅花の宴の序に、それはあった。

梅は鏡前の粉(ふん)を披(ひら)き、蘭は珮後(ばいご)の香を薫らす

花の色を白粉に喩えているのがわかる。

古典文学の研究者に任せるべきそんなことに想いを廻らせたのもわずかな時間で、一枚だけ写し、襟を立てて、そそくさと先を急いだ。

 


 春待つ街


         春 待 つ 街
                     作 詩  秋山 賢治
                     作 曲  管 理 人


   旅立ちはいつも 不思議なときめき
   碓井の朝は冷たく スイッチバック錆びた道

   白く白く下り立った 霜にも似た君の寝顔
   そっと頬にキスして 駆り立てられて来た

      落葉松の林 鼻につく澄んだ冷たさ
      君をあとにして バイパスを避け スロットル

   エンジンに手を当てて 指先をこすり
   浅き春の軽井沢 今は僕一人占め

   ざわめきのあとの 静けさは病葉
   君への想い断ち切るために 思いつめて走るよ

      浅間の煙り絶え間なく 風に揺られて
      霧の峠道に 春待つ街のぬくもり

      キャプトンマフラー 枯れ葉をまきあげて
      走り出すライダーに 深き信州の香り



画像
アコースティックにこだわって、ドラムを入れなかった。
いま聴けば、ドラムを入れた方が、断然よくなっただろうことに気付く。
(楽をさせてあげようとの温情が逆効果だった)

頭をカーリーにしたのは失敗だった。
年を重ねると、その反動が必ず来るゾ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

明石の君
2015年06月04日 22:05
平城京と平安京では、花の色の好みも違っていたのでしょうか。
現代人の方が嗅覚が鋭いのでは?と考えてしまいました。
古典文学のお話、これからも期待しています。
管理人
2015年06月05日 18:06
好みと言うよりは観賞の仕方が変わったのでしょう。
美に対する感覚は時代によって変化するようです。
豆太郎
2015年06月12日 21:42
以前はアップテンポの録音で聴かせて頂きましたが、こちらもなかなかの仕上がりで詩とマッチしたメロディが相変わらず素敵ですね。
ラストのハーモニックスに痺れました。
数十年振りに曲作りを再開してみてはいかがですか?
管理人
2015年06月13日 18:39
最近は作句もままならないのに曲作りなど時間的に無理であります。
古い曲をチマチマと小出しにアップして誤魔化すつもりで居ります。
それでご勘弁を…。
2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード