三太九郎の溜め息


毎年のことだが、知人の子供にクリスマスのプレゼントをあげなければいけない。
なぜそうしなければいけないのか判然としないのだけれど、そういう決まりになってしまっている。
その代り、お年玉は免除かというと、そんなことはない。
釈然としない…。
画像
で、欲しいもの(オモチャ)を親から具体的に聞いているので、某デパートに出掛けた。
しかし目的のものはそのデパートには無かった。

デパートのハシゴである。
二軒目ナシ。
三軒目で、やっとそのオモチャを見つけた。
現実は「34丁目の奇蹟」のようにはいかないのだ。
良い商法だと思うのだが…。

どこのデバートでもそうだけど、店員さんはサンタの衣装を着用し、商いに励んでいる。
結構なことだ。

ハロウィンの仮装は年々エスカレートするばかりで、今年はただ馬鹿騒ぎする若者の大集団をニュースで見た。
仮装のどこが面白いのか、とんと解らぬが、髪型や服装を変えるだけで気分も変わる(私は変わらぬ)のだから、女装でもコスプレでも、なんでもやりたい人はやればよい。

キリストさまのお誕生日に、なぜケーキとケンタッキーを食べ、贈り物をせねばならぬのか、これも解らん。
私の親世代は、クリスマスが接近すると鼻メガネを掛け、とんがり帽子をかぶり、クラッカーをパンパン鳴らしたりして盛り上がっていた。
高度成長の時代である。
その当時の世代は、今頃孫たちにプレゼントやお年玉を用意しているのだろう。

我々子供たちは、意味も解らずにクリスマスカードなんぞを交換していた。
もっとも私の通った幼稚園はYMCAだったので、クリスマス会で讃美歌なんぞを歌った記憶がある。
でも「しゅわきませ~り~」なんて、まったく意味が解らなかった。

街に流れるジングルベルに急かされると、もうすぐまた一年が終わってしまうのだと、哀愁のような感慨がある。
それは、いつの間にかこんなに老いぼれてしまったことへの驚愕でもある。
面倒な年賀状をまた書かねばならぬのかとか、年が改まれば、今年と何も変わらぬ一年を再び繰り返さなければいけないとか、面倒な日常が待っている。

年賀状に関しては、「高齢のため、今年を最後にさせて頂きます」などと書いたら爽快だろう。
まだ年金受給の年齢ではないが、将来、年金だけで生活が成立する訳もなく、ならばいつまで働けばいいのだろうと、じっと手を見たら、生命線の長短どころか、金運線も消えてしまっている。

デパートの一階は何故かブランド品ばかりが並ぶフロアになってしまって、私はいつも早足で通り過ぎるだけなのだが、こうして商いが成り立っているからには、それらの高額商品を買う人や世帯も多数存在しているということだ。
お金はあった方がいいに決まっている。
金持ちが羨ましいのではない、お金で人生の難題の九割以上を解決できることが羨ましい。
清貧などという言葉は死語である。

 


 赤鼻のトナカイ

この大昔のライブで、やる気のない私はベースを弾いているだけで、バンドの解散時期ばかりを考えていた。
ちなみに歌のお姉さんは、この数年後に三つ子を産んだ肝っ玉母さんである。

少し時間の余裕があったので、自分のものを何か買って帰ろうと思い立った。
「自分へのご褒美」という表現が嫌いで、いまだかつて使ったことはないが、今年も何とか持ちこたえてくれた脳味噌への栄養として、正月休みに読む本を数冊買った。
来年からはしっかり健康診断を受け、エンディングノートを買ってぽつぽつ書き始めようかと思う。

プレゼントの品を潰されぬように気を配りながら抱え、帰宅ラッシュに揉まれながら帰路についた。
戻った部屋は散らかり放題で呆れ、思わず溜め息が出たが、整理整頓は凡人の愚行、という理屈を無理やりつけて今日一日を終わらせることにする。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

やじろべえ
2014年12月25日 15:46
整理整頓は凡人の愚行・・・。
けだし名言です。
年末の大掃除の時に是非使わせて下さい!!!
管理人
2014年12月25日 18:15
師走の大掃除も凡人の愚行です。
どんどん使っちゃってください。
2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード