盆の入り


普段は自分の先祖が帰依し、その宗教の信仰が続いていることなど、滅多に考えることもないが、この時期は特別だ。
迎え火を焚き、逝った人を迎える。

私の場合、黄檗宗から浄土真宗へ宗旨替えをして、形や名ばかりながら、門徒講に加入している。
だからお盆は、先月に終わった。
でも、他の宗派がどのようにお盆を迎えるのかが分からない。
彼は信心深くはなかったが、日蓮宗だった。
そのことを知ったのは、付き合い始めてから三十年以上も経った闘病中のこと。
日蓮宗は、この時期に先祖を迎えるのだろうか。

だとしたら、彼が帰る場所は、今日の自宅以外にはない。
一年振りの家族との団欒で、うまい冷酒を飲みながら子供たちの近況に耳を傾け、深夜になれば、屋根裏部屋で黙々とプラモデルでも作るのだろう。
会ってみたいが、邪魔になるから遠慮しよう。
心で会話するのみ。

「向こうはどう?」
「居心地最高!」
「どんなとこ?」
「暑くもなく寒くもなく、空気はきれいだし、いつも暖かい光が満ちてて、周囲はお花畑ばかり」
「じゃ、大震災や放射能汚染のこと、知ってるんだ」
「もちろん。大変でしたね。でもたくさんの人が来てくれて、すごく賑やかで楽しい」
「何して過ごしてるの?」
「別にやるべき仕事もないから、昼間はドラム叩いて、夜は咥え煙草で工作してる」
「食事は?」
「それがね、おなかが減らないんですよ」
「どうして?」
「お供えしてくれるでしょ、それだけで満腹」
「願い事とかは無いの?」
「うーん、強いて言わせてもらえれば、煙いから、お線香はほどほどでいいです」
「じゃ、煙りは届いてるんだ」
「燻製になるんじゃないかと思うくらい充分に」

久し振りに彼のドラムを聴いて、カルマを信じている。
 


 ルパン三世のテーマ


画像 画像

写真のプロバティを開くと、撮ったのは2008年7月11日。
通院に付き添うため、彼の自宅を訪ねた時のもの。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード