時雨亭往還

アクセスカウンタ

zoom RSS 妖怪おとぼけおばば

<<   作成日時 : 2018/03/28 21:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0


画像
渋滞を避けるためにわざわざ早出したのに、何オカマ掘ってるんじゃい! と毒づいてみても、やっちゃったものは仕方ないよね、注意力散漫だったんだね、車間距離詰め過ぎてたんだね。

どうも黄色の服のオバハンの車が追突した模様。
事故車両はこの2台のみ。

当てられた方はとんだ迷惑で、処理してる本官だって、朝から何やってくれてんだよう、と思っているのか、出動手当てが付くぞ、しめしめ、と喜んでいるかは不明。

ところが皆さん、じっくり見物しながらの徐行だから、5キロの渋滞を抜けるのにずいぶん無駄な時間を消費した。
午前7時過ぎの東名高速下り線、横浜・町田 I C付近である。

5時に家を出て、実家着は6時。
その間、途中でばあさんに連絡を入れたが出ず、おそらくトイレでふんばってるんだろうと見当をつけた。

着いてみれば、何のこたあない、単なる二度寝だとさ。
それで出発準備が若干滞った。

まだ靴下も履いてない素足だが、そのままスニーカー履いて急げ急げで車に押し込み、コンビニに寄って速攻でお赤飯と紅鮭のおにぎりを買い、とにかく朝食後の薬を飲ませなければいけないので、走りながら食べさせる。
(ばあさんを走らせているのではない)

毎回、必ずお赤飯を選ぶので、今回もそうかと思っていたら、おのれ、私が食べようとしていた紅鮭を取られた。
フィルムを剥がすのにあーでもないこーでもないと苦闘すること5分、そのたった1個のおにぎりを食べ切るのに10分、薬飲むのにまた5分。

まあ何とかルーティンも終わり、さて、ひと息ついたところで靴下履いたらどうだい、と促す。
座席に腰掛けたまま左足は普通に履けた、よし次は右だぞとチラ見していたら、スニーカー履いたまま靴下を履こうともがいている。

ずいぶん器用なことするね、のひと言で気づいてくれた。
黙って好きにさせてたら面白かろうと思うも、後が面倒になりそうなので声を掛けてしまったが、こっちがバカ受けしてしまった。

実害のないボケは楽しい。
でも、こんなことに気づかぬまで認知機能低下が進行している現実を目撃すると、ドキリとする。

以前は仕事柄、こんな例を数えきれないほど見て来たというのに、やはりこれが身内のこととなると、心穏やかではいられなくなる。
顔に出ないだけである。
画像
SAでトイレ休憩。
こちらはさっさと車を出て、うーん、と伸びをする。
が、ばあさん、ドアを開けたはいいが、ばたばたするばかりで出られない。

まただ。
以前にも数回やってる。
シートベルトしたまま強引に出ようと頑張ってるのだ。

このまま出られたらすごいぞ。
なんせ、1.8トンの車を担ごうとしてるんだから。

ベ・ル・ト、のひと言で、これも気付いてくれた。
乗り込む時は、ベルトだよ、と言い添えることもあるが、結構自分で気づいて締めることもあるから、決まりごとを完全に忘れているわけではない。

いつも車移動の人は、一連の動作が身に付いているから忘れることなどないが、これも仕方ないと、ばあさんの年齢を思う。
わけもなく感傷的になることがあるが、こんなときがそうだ。

というのも、我が母が重度の認知症になった時、姉妹仲の悪いばあさん(母の妹)は、事あるごとに、あんな失敗をした、こんなとんちんかんなことをしたと、鬼の首取ったような言葉を投げつけていた。
それらの言葉に何度も凍り付いた。

息子の私にしてみれば、我が母の名誉や尊厳は守りたい。
これは誰でも罹る可能性のあることだから仕方ないんだよ、明日は我が身かも知れないんだよと、その都度言ったが効果なく、20年以上も前に母が逝っても、あの時はこの時はを数年前まで繰り返し、母の言動を貶めていた。

末娘が我儘に歳を重ね、言いたいことを言い続けた習い性は、一生治らないと知るだけだった。
ばあさんが母(姉)と同様になって初めて、ばあさんの口から母のボケネタが消えた。


数年前は、トイレは5分程度で済ませた。
ところが最近は15分は待つようになった。

心配になっても、女性専用トイレには立ち入れない。
もし中で異変でも起きれば騒ぎになるだろうからと、じっと待った。

やっと出て来たところを確保して、車に戻る。
運転席に乗り込もうとすると、すぐ後ろにピタリとばあさんが立っている。

運転、交替するかい?
これでまた気づいてくれた。
さすがに自分でも苦笑いしながら助手席側へ回った。

旅行はやっと始まったばかりで、まだ目的地にも着いていない。
9泊10日の予定なのに先が思い遣られる。

ばあさんがいよいよ妖怪に化ける予兆だったらどうしよう。
座敷童はありがたいが、座敷婆はどうなんだろう。

いずれにせよ、

『 歓迎 妖怪おとぼけおばば 』

の錦の御旗を立てて、ずんずん進んで行こう。

走り始めてからナビをワンセグに切り替えた。
「ウソをつくと口が曲がるんだよ」

何かと見たら、ニュースに財務大臣が映っていた。
すっげーなー、突然、頭の回路が正常になる。



※ 時雨亭さんは旅行中でまだ戻りません。
   今しばらくお待ち下さい。(豆太郎拝)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
妖怪おとぼけおばば 時雨亭往還/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる