アクセスカウンタ

時雨亭往還

プロフィール

ブログ名
時雨亭往還
ブログ紹介
ふと、我に返りました。
誰に頼まれたわけでもなく、ただ自己満足で何年もブログを綴っているとどうしてもマンネリ化するのですね。
そろそろ潮時、引き際かなと思ったとき、ブログ名を一時的に変更してみようと閃きました。
気分転換です。
更新は相変わらず不定期ですが、ぼちぼち進めて行きます。
独善的な文系思考のブログです。
お暇なときにでも訪ねてみてください。

旧中年漂流記

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
六月の女すわれる荒莚
六月の女すわれる荒莚 敗戦から72年も経ってしまったのだから無理もないのだろうが、先の戦争を知る人がどんどん少なくなって来ている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/26 20:00
江戸期和歌の最終ランナー
江戸期和歌の最終ランナー 寒暑節を過つそのままのように、自宅に戻ると一週間前からキリギリスの声が聞こえる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/20 22:00
言いたいことは言いたい人に直接言おう
言いたいことは言いたい人に直接言おう タイトルは星野リゾートのボスの言葉で、職場に於いて円滑な人間関係を構築させるための発言だが、単純で当たり前のことがそれまで言えなかったからこその提言である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/18 20:00
震災を詠む 2017 (後編)
震災を詠む 2017 (後編) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/15 22:00
震災を詠む 2017 (前編)
震災を詠む 2017 (前編) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/14 22:00
平安時代のあいうえお作文
平安時代のあいうえお作文 授業で誰もが習ったものの、古文が苦手だった方はうんざりするでしょうが、「折句」を代表する以下の歌がありました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/06 20:00
隅田河堤にたちて船待てば水上遠く鳴くほととぎす
隅田河堤にたちて船待てば水上遠く鳴くほととぎす 橋の上から遠景や川面を眺めていると、松本零士氏がデザインした、宇宙船のような「ヒミコ」だか「ホタルナ」のどっちかわからないけど、水上バスが隅田川を上って行く。 よく見かける観光船である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/01 20:00
東京のツバメ
東京のツバメ 数か月前、都心では二年連続でツバメが観測されないとの報道があったが、どっこい、いるところにはいるのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/31 20:00
怨み晴らさで置くべきか
怨み晴らさで置くべきか 表通りを避けて、車の通らない道を歩いていた。 前方を見て、何となく嫌な予感がした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/28 20:00
富士山と忍野八海
富士山と忍野八海 ぽっかりと一日の休みが出来た。 しばらく富士山近くへ出掛けていないと思い立ち、先ずは山中湖へ行った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/22 20:00
経年劣化と健康寿命
経年劣化と健康寿命 中央高速の調布IC〜八王子ICが開通して今年でちょうど50年になる。 それは確か1967年の暮れで、当時都心に住んでいたまだ子供の私は、用もないはずの父に誘われて、スバル360に揺られ、わざわざ乗りに行った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/16 20:00
宗論はどちらが負けても釈迦の恥
宗論はどちらが負けても釈迦の恥 阿耨多羅三藐三菩提の仏たちわが立つ杣に冥加あらせ給へ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/11 20:00
剣太刀いよよ研ぐべし古へゆ清けく負ひて来にしその名ぞ
剣太刀いよよ研ぐべし古へゆ清けく負ひて来にしその名ぞ 以前は子供の日には多くの鯉のぼりを見た。 それが気づけばほとんど見かけなくなり、「子供の日」らしさが失われつつあるような気がする。 地方へ行けばそれなりに風を孕んで泳いでいるのだろうが、高層マンションが林立する都会では無理な相談だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/05 20:00
紅旗征戎吾が事に非ず
紅旗征戎吾が事に非ず 朝、北朝鮮がミサイルを打ち上げ、東京メトロ全線が止まった。 結局、失敗したらしいが、韓国は日本のこの対応に失笑したとの報道があった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/29 20:00
おひとりさま
おひとりさま 人生の終末期に限りなく近づいている人が周りに数人いて、このままでは共倒れになるのではと、最近は少々鬱傾向にある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/20 20:00
靴裏に都会は固し啄木忌
靴裏に都会は固し啄木忌 若い頃は山登りでずいぶん足を酷使した。 しかし山道は平気でも、階段などの上り下りは堪える歳になった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/13 20:00
春のタケノコ
春のタケノコ タケノコの美味しい季節である。 剣スコで狙いを定めてエイヤっと掘り起こせば、何とも重量感のある大物を掘り上げることが出来る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/11 20:00
小諸なる古城に摘みて濃き菫
小諸なる古城に摘みて濃き菫 小諸の春はまだ浅く霞み、千曲川は緩やかに流れる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/07 20:00
四月馬鹿母より愚かなるはなし
四月馬鹿母より愚かなるはなし 作者の岡本圭岳は、ホトトギスへの投句をきっかけに大阪から上京、子規の句会に参加、本格的に作句に打ち込むようになった人。 大阪時代には子規の門下生だった青木月斗の元で腕を磨き、同時に中央俳壇への思いやみ難く、月斗同様、子規を訪ねた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/01 20:00
力を溜めて
力を溜めて 東京ではソメイヨシノの開花宣言が出されたというのに、こちらでは開花までまだ数日かかるようだ。 お彼岸を過ぎても天気が安定せず、寒気が襲来したり氷雨が木々の枝を濡らしたりしている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/28 20:00
TULIP 45th Memorial Tour ”it remembers”
TULIP 45th Memorial Tour ”it remembers” チューリップが結成45周年になるんだそうな。 それで、記念コンサートで全国ツアー中だという。 でもって、その追加公演なんだそうな。 そんなこんなで大宮ソニックシティへ出掛けた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/18 23:00
横田基地配備のオスプレイを見た
横田基地配備のオスプレイを見た 来るなと言っても来るのは黄砂やPM2.5や中国海警局の船ばかりではない。 オスプレイだって来るのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/15 20:00
温泉に浸かりながら考えたこと
温泉に浸かりながら考えたこと 3.11は仙台で過ごし、友人の好意で夜は遠路、銀山温泉へ連れて来てもらった。 温泉に浸かり、手足を伸ばしてみると、こんなに贅沢してもいいのかと、逆に落ち着かない。 忙しいのに、本当に申し訳ないと謝するのみである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/12 23:00
逆走するは我にあり
逆走するは我にあり 早朝の都心に出掛ける用事があり、夜中に家を出た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/02 20:00
いぬふぐり星のまたたく如くなり
いぬふぐり星のまたたく如くなり イヌフグリの季語を用いた俳句としては、かなり知られた虚子の作品である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/25 22:00
春待つや万葉、古今、新古今
春待つや万葉、古今、新古今 久保万こと久保田万太郎の、何とも不思議な句である。 句意のわかるような、わからないような、いや、無理にわからなくとも、雰囲気は何となく伝わって来るから不思議なのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/19 20:00
わが園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れ来るかも
わが園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れ来るかも 白梅が香る散歩道で足元を見ると、すでに散り始めた花もあり、枝にはつぼみもあり、まだ冬の中にあって、春も少しずつ整い始めているのだなと、季節の循環に思いが至る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/13 20:00
挿す花のまた椿なる二月かな
挿す花のまた椿なる二月かな 普段の行いが悪いのか、人生二度目の四十肩(五十肩?)が激しく再発し、おまけに持病の頭痛まで襲来して、最悪の状態で日々息も絶え絶えで生きている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/08 22:00
赤あげて白あげて、みたいな和歌に人生が見える
赤あげて白あげて、みたいな和歌に人生が見える 世を捨つる人はまことに捨つるかは捨てぬ人こそ捨つるなりけり ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/25 20:00
埋火に寒さ忘れてねたる夜はすみれ摘む野ぞ夢にみえける
埋火に寒さ忘れてねたる夜はすみれ摘む野ぞ夢にみえける 今シーズンは暖冬傾向と安心油断していたら、やはり本物の冬がやって来た。 朝5時の室温プラス6℃、外気温マイナス6℃である。 だから目覚めのストーブが欠かせない。 それでやっと人心地つく。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/15 20:00

続きを見る

トップへ

月別リンク

時雨亭往還/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる