アクセスカウンタ

時雨亭往還

プロフィール

ブログ名
時雨亭往還
ブログ紹介
ふと、我に返りました。
誰に頼まれたわけでもなく、ただ自己満足で何年もブログを綴っているとどうしてもマンネリ化するのですね。
そろそろ潮時、引き際かなと思ったとき、ブログ名を一時的に変更してみようと閃きました。
気分転換です。
更新は相変わらず不定期ですが、ぼちぼち進めて行きます。
独善的な文系思考のブログです。
お暇なときにでも訪ねてみてください。

旧中年漂流記

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
夜は秋にして昼は夏なり
夜は秋にして昼は夏なり 「行けたら行くよ」は「行かないよ」の同義語というのが世間の常識ですが、万が一、来てしまって何も準備していなかったら立場がありません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/21 20:00
魂棚をほどけばもとの座敷哉
魂棚をほどけばもとの座敷哉 郷に入れば郷に従えで、こちらへ来てからは地域の年中行事などにも積極的に関わろうと考え、お盆の灯篭流しにもお邪魔したが、実家の仏壇を持って来るわけにもいかず、どうにも中途半端でいけない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/17 18:00
流燈の一つにはかにさかのぼる
流燈の一つにはかにさかのぼる 頭では理解して、簡単な設計図まで書いてもらったのに、その通りに作れないのが流し灯篭で、こんな時は不器用な自分がつくづく腹立たしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/16 20:00
我が草庵を時雨亭と名付く
我が草庵を時雨亭と名付く 夢の中で、裏山が騒がしくなったなと思ったら、雨が木々の葉を叩く音で目が覚めた。 涼しい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/15 20:00
祈りのかたち 出光美術館
祈りのかたち 出光美術館 毎年八月は「死」を考える月。 七十二年以上前や三十二年前や、そして母の死も八月にあって、どうにも重苦しく、やるせない月。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/11 20:00
いざいなん江戸は涼みもむつかしき
いざいなん江戸は涼みもむつかしき 古民家でプチ田舎暮らしを始めました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/07 20:00
日野原先生
日野原先生 私が「先生」と呼ぶのは、教師か医者であって、間違っても政治家などではない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/02 20:00
たまには贅沢しちゃおうかね
たまには贅沢しちゃおうかね 貧乏人の分際だからこそなのか、半ば、後は野となれ山となれの開き直りの気分で、良い部屋に入院した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/31 20:00
両国橋
両国橋 ご近所の数軒からリクエストがあり、代表して唐辛子を買いに出掛けることになった。 都営地下鉄新宿線の浜町駅で降りて両国橋方向へ歩き、薬研堀へ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/30 20:00
一ヵ月以内に心筋梗塞で死ぬと言われた
一ヵ月以内に心筋梗塞で死ぬと言われた 付き添いで病院へ行くたび、「もう少し様子を見ましょう」と言われ続けて二か月半。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/27 20:00
雨のお茶の水で
雨のお茶の水で 朝からの本降りで、街は雨の匂いに満ちている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/26 20:00
綾さんどうしたの?
綾さんどうしたの? ご近所のTさんが軽い脳梗塞で入院、院内でリハビリをしながら一ヵ月後に退院した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/25 20:00
ここじゃないどこかへ
ここじゃないどこかへ 銀座で梅雨が明けた。 体感は30℃を少し超えたくらいか。 本格的な夏の始まりである。 待ち合わせの時間まで早かったので、一丁目から新橋方面へ歩いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/19 20:00
盂蘭盆会
盂蘭盆会 東京は今日がお盆の入り。 浄土真宗では門火でご先祖様をお迎えしたりお送りするしきたりはないけれど、お盆の間は盆提灯を飾り、阿弥陀様とご先祖様に報恩の感謝を捧げる習わしが脈々と続いている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/13 22:00
蝸牛の頭もたげしにも似たり
蝸牛の頭もたげしにも似たり カタツムリも関東ではこの空梅雨が辛かろう。 オサムシ(マイマイカブリ)には気をつけろよ、と声を掛けたくなる。 他にもカエル、ネズミ、タヌキや、ニワトリやチャボなどの家禽類なんぞも注意が必要である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/10 20:00
「昭和1ケタ生まれとして」 永六輔
 「昭和1ケタ生まれとして」 永六輔 早いもので、今日は永六輔さんの一周忌です。 VHSのビデオテープに、1999年1月に放送されたNHKの「視点・論点」が残っていました。 永さんの言葉を、忠実に文章に起こしてみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/07 00:00
そして我々は見て見ぬ振りを続ける 2
そして我々は見て見ぬ振りを続ける 2 近所で家を建て直すお宅があり、やっと二階建家屋の解体が終わった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/02 20:00
そして我々は見て見ぬ振りを続ける 1
そして我々は見て見ぬ振りを続ける 1 カンさんが死んだ。 知り合いの民生委員の方から聞いた。 今年の2月だったそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/30 20:00
六月の女すわれる荒莚
六月の女すわれる荒莚 敗戦から72年も経ってしまったのだから無理もないのだろうが、先の戦争を知る人がどんどん少なくなって来ている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/26 20:00
江戸期和歌の最終ランナー
江戸期和歌の最終ランナー 寒暑節を過つそのままのように、自宅に戻ると一週間前からキリギリスの声が聞こえる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/20 22:00

続きを見る

トップへ

月別リンク

時雨亭往還/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる