テーマ:小林一茶

人間が駄目になる

すでにストーブは出して朝晩をしのいでいたが、それでも忙しさを自らの口実に、居間では季重なりの状態で扇風機が同居していた。 そしてやっと今日、扇風機を掃除し、別室に隠ぺいした。 それと入れ替えにコタツを出した。 エアコンだってあるし、室内の寒さ対策はこれにて完了。 美味しいものは最後まで取って置くタイプの人間なので、我…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不耕徒食の罰

世の中にまじらぬとにはあらねどもひとり遊びぞわれはまされる   良寛 世間とまったく関わらぬつもりはないが、独りで内面を見つめる孤高の精神に遊ぶことこそ、わしゃ一番だと思うんじゃ、と良寛さんは言っている。 尋ね来る人がいれば拒まず、子供たちと遊ぶことを無上の喜びや楽しみにしていた良寛さんでも、こんな心持ちになる時があった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いざいなん江戸は涼みもむつかしき

古民家でプチ田舎暮らしを始めました。 暦の上では今日が立秋。 なのに東京は37度を超える猛暑とか。 お可哀そうに。 気温だけでなく湿度の上昇が曲者で、発汗が難しくなれば熱中症のリスクだって増加するのです。 命を賭してまで東京にこだわる理由などこれっぽっちもないし、義理や人情だって命あってのこと。 おおよその余…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京のツバメ

数か月前、都心では二年連続でツバメが観測されないとの報道があったが、どっこい、いるところにはいるのである。 ツバメが何年生きるのか知らないけれど、毎年同じ場所で同じ相手と巣作りをするという。 春にフィリピンなどの東南アジアからやって来て日本で子育てをし、そして秋に再び南へ帰るのだ。 中には渡りをせず、私のようなぐう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お神楽が好きです

全国棚田100選の里山、飯山市瑞穂地区にある三部社福島神社です。 五穀豊穣を祈願し、実りを感謝する祭りでは神楽が奉納されるのでしょう。 篝火に照らされて大黒や翁、そして大国主命や素戔鳴尊が舞う姿を想像し、しばし空想の世界に遊びました。 夜神楽や荒ぶる神の降臨す   駄句で恐縮。 以前から何故…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード