テーマ:もっきりや

仁成館ともっきりや

宿の主人が逝ってから独りで仁成館の(和山)温泉を守り続けて来た女将の力が尽き、秋山郷を離れた。年齢を思えば仕方なく、いずれ来るだろう日が、紅葉の盛りのこの秋だった。 温泉はポンプアップしていたが、もう年代物のポンプであり、湯量も減少していた。そのポンプにしろ、すぐ下にはそれよりも古いポンプの残骸があり、新品に替えたところで無理だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪しい高齢者

日本有数の豪雪地帯から私用で上京した古希目前の高齢者。 明日は法事というその高齢者は、午前中は医者通い、午後は新宿の路地裏を徘徊する。 未成熟な日本のノーマライゼーションに嘆息し、それでももがきながら足掻きながら、どっこい生きている。 団塊世代の残党は山奥で細々と民宿を営み、それで生計が成り立つわけもなく、日雇い仕…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

市人に交わるは、山翁を友とするに如かず

正月も明日で松が取れる。 その前に、新年の挨拶をしなければいけないのが、民宿「もっきりや」の主人、ヨシフミッチ・モッキリヤーノフこと、長谷川好文氏である。 こちらからは厄介だが単純な理由で賀状を出せないけれど、毎年、手書きの悪筆の賀状が届く。 その返礼を込めたけじめである。 豪雪地帯で山籠りをする彼は、すでに67歳。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新宿暮色

民宿もっきりやの主人、H氏と会うことになった。 地理的にも資金的にも時間的にも制約を受ける彼は、今回もまた忙しい中での短期東京滞在だ。 どこで待ち合わせるか一任する旨のメールが届いた。 「東京カフェでどう?」 「あそこは潰れた」 「じゃ、ヨドバシの1階で」 のやり取りがあって、無事に再会することが出来た。 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

団塊世代のしなやかさと頼もしさ

今年になって初めて、都内某所の居酒屋で、もっきりやのダンナと対面。 前回はこちらの都合で会うことをお断りしてしまったので、今回は万難を排して会わなければいけない。 とはいっても、それは義務でななく、あくまでもこちらサイドの判断。 しかし、月に一度か二度は電話が来て、 「前回はそっちから掛けて来てくれたから、今度はこっちから掛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo長靴Walker

人生の大先輩、もっきりやの旦那が東京に出て来てるので、例によってお呼ばれされました。 待ち合わせの某私鉄駅に降り立つと、相変わらずのスタイルで出迎えてくれました。 旦那にとっては、住み慣れた僻地も、生まれ育った東京も一切関係ないようです。 いえ、腰手拭いをぶら下げてない分だけ、東京を意識したスタイルといえるのかも知れません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『愛しのタミコ』~一周忌にあたって~

    『愛しのタミコ』~一周忌にあたって~   Dr.イッコー 1月20日は、もっきりやさんの愛猫『タミコ』の命日です。 『相棒』として約15年、一緒に生きてきた彼女が亡くなりました。 命あるものは、人であれ、猫や犬であれ、鳥や魚であれ、植物であれ、必ず「死」と言う事実を避ける事は出来ません。 それを承知して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『深山幽谷』 ~もっきりや~

      『深山幽谷』 ~もっきりや~     2009.02 紀行  Dr.イッコー 数年前の豪雪で新潟県津南町が有名になりました。 そこから約1時間、「酷道405」をひた走り、秋山郷に向かうと山房「もっきりや」に行き着きます。 管理人さんが度々「もっきりや」と「御主人」を取り上げるので、詳細は…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

「高齢者」まであと三年

大先輩から呼び出されました。 そこで仕事を途中で切り上げ、待ち合わせ場所へ向かいます。 大先輩の命令は、絶対に厳守しなければなりません。 それが決まりで、もし断ると、恐ろしいことになるのです。 「大先輩」というのは、学校や仕事上の先輩というわけではなく、人生の先輩という意味です。 秘境で暮らす僻地人なので、滅多に上京す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者だって社会に貢献してるんだよというお話

先日、煙草が値上がりして、さぞ禁煙者が増えたことだろうと思っていたが、ドッコイ、まだやめずに、というか、頑なに自分の嗜好やライフスタイルを変えずにガンバッテいる人がいる。 たばこ税、増税見送りの方向 政府税調 MSNニュース 2010.10.27 00:23  政府税制調査会は26日、2年連続の税率引き上げを検討…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

踊る庶民

テレビ購入の下調べに出掛けました。 「今を逃すと損しちゃうよ~」 案の定、家電量販店「Yカメラ」は危機感を煽っています。 こうして庶民は踊らされるのです。 売り場は大混雑。 これでも、人が途切れた瞬間に撮ったものです。 おばちゃん連中は、必死で店員さんに色々と質問攻めを繰り出していました。 質問したとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久し振りの秋山郷

マイカーの12ヶ月点検で、タイヤをローテーションしました。 「高速では、ハンドルがブレる可能性がありますよ」 でも、バランスを取るには数千円かかるというので、空気圧だけチェックしてもらい、点検を済ませました。 それでも少しは不安で、確認のため、高速に乗ってみようと考えます。 何の問題もなく、軽快に走ってくれました。 関越道…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

色違い

酒呑むな、酒呑むなのご意見なれど、呑めば陽気になる。 暴れたり陰気になったり泣き出されるよりは、よほど良い。 とはいっても、絡まれると厄介だ。 揚げ出し豆腐が来たので、 「熱いうちにどうぞ」 と勧めたが、話に夢中になってこちらの言葉は無視される。 「そもそも豆腐というものは…」 面倒な講釈が始まり、こちらは…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

よっしー三昧

  早朝からの仕事を昼で切り上げ、   新宿へ向かった。   喫茶店で待つこと5分、   茶色のキャップを被ったよっしー登場。   久し振りの再会だ。   保健所の営業許可書を見せてもろた。   今年はお客さんが少なかった由。   秋の紅葉シーズンに期待しませう。   ヨドバシカメラへ移動。   ほ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヨシフミッチ・モッキリヤーノフ

当ブログで繰り返し載せている、信州秋山郷の民宿、「山房 もっきりや」のご主人から、呼び出しが掛かった。 私は気安く「よっしー」と呼んでいるが、還暦過ぎの、我が大先輩、長谷川好文氏である。 正午ちょうど、待ち合わせの某所へ赴くと、氏は大都会東京の路上ではあり得ぬゴム長で現れた。 胸にらくらくフォン、手にはトレードマー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

男二人のお食事会

かなり前から会う約束をしていた友人、民宿「もっきりや」のご主人、H氏と昼食を共にした。 本当ならば今月の3日の予定だったのだが、よんどころない当方の事情で延期して貰っていたのだ。 それだけに申し訳なく、こちらからお宅まで出向いた。 甲州街道の飛田給周辺は、味の素スタジアムへ向かう人の波であふれ、霧雨の中を御苦労なことだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タミコ追悼

タミコの訃報が届いた。 数ヶ月前から、そろそろあぶないとの知らせは貰っていた。 最近は歩くこともままならず、よろよろ腰砕けの状態だった。 友人が仕事から戻ると、留守を預かっていたタミコが必死に出迎える。 仕事から帰ってみたらタミコは頑張っていてくれました。 可哀想で可哀想で涙が止まりません。 友人からのメール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

傷病帰還兵慰労会

喫茶店で待ち合わせ、居酒屋、カラオケと廻りつつ、古兵(七年兵)殿の生還を祝いました。 つい先日、伊達巻戦争の激戦地に送り出したと思ったら、友はもう帰還です。 早いもので、兵士も私も、こうして時の流れに呑み込まれ、老いていくのでしょう。 昨日の友は今日の敵。 後方からも鉄砲玉は容赦なく発射され、帰還兵士は満身創痍です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出征兵士激励会

田舎暮らしの友人が年末恒例の出稼ぎに上京、「出征兵士激励会 」ということで、都内某所にて合流した。 還暦の彼は言う。 「オレも年だから、『殿、ご乱心めさるな』とか何とか言ってさ、来年は絶対に止めてくれよな」 そろそろ出稼ぎもおしまいにしたいらしい。 でもこのセリフ、もう何年も前から毎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京人の東京知らず

東京で生まれ、東京で育った年長の友人が、十数年前から田舎暮らしをしている。 その友人がたまに東京へ出て来て、もっぱら新宿で会っている。 そして何かを撮っている。 私もその方向を見る。 いつの間にこんなビル建ったの? 東京で生まれ、東京で暮らし続けている私も、東京の変貌には驚いてしまう。 淀橋浄水所、なんて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中年互助会構築計画

これもオフ会というんでしょうね、中年男三人が西新宿で合流、老後の扶助システムを考えます。 それぞれ余裕の表情ですが、中年ド真ん中から初老に片足を踏み入れた御仁まで、その年齢幅はおよそ10年。 三人の居住地もバラバラで、その土地を点で結ぶと、きれいな三角形になるのです。 駆け付けるには少々遠いけれど、老後を考えると、そうも安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

起て万国の労働者

前日からの続きです。 今日の午後には帰ることに決めて、よっしーが用意してくれた美味しい朝食を頂きます。 もう三泊、そろそろ失礼しなければあまりにも図々しい訳で、次回は東京で会う約束をしました。 それでも今回は、一宿一飯の恩義があります。 今日も薪を積むというので、それを手伝うことにしました。 力仕事の苦手な私ですが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

薪積み

前日からの続きです。 よっしーの仕事がお休みなので、今日は屋内に薪を運ぼうという予定です。 何といっても、凍える冬の一番のゴチソウは薪ストーブの温もりでして、ガスや石油などという小賢しい化石燃料は、ここでは脇役なのです。 主役はもちろん薪、これに尽きます。 間伐材や枯れ木の有効利用で、地産地消の基本でもあるのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発哺温泉へ

前日からの続きです。 よっしートーチャンが仕事に出かけました。 お昼までの勤務だそうです。 私はもっきりやの銃後を守るべく、タミコと一緒にお留守番。 パソコンで作業をしながらトーチャンの帰りを待ちます。 そしてトーチャンが戻るのを待って、志賀に向かいました。 紅葉の様子を偵察がてら、温泉に入ろうという魂胆なのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっきりやへ行く

当ブログが懇意にさせてもらっている「山房 もっきりや」へお邪魔することにしました。 ご主人は私よりはるかに人生の先輩なのですが、どういう訳か私のような若輩者を可愛がってくれて、お会いするとこちらも気持が和みます。 ご主人が東京に出た折はご尊顔を拝することも多く、豊富な話題でいつも私を楽しませてくれるのです。 ずいぶん親しく…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

女化神社

春の嵐を突いて友人とドライブに出た。 目的地は牛久、そう数日前に出掛けた牛久大仏のある茨城の牛久だ。 二日前、新宿歌舞伎町の居酒屋で、田舎暮らしをする彼と旧交を温めた。 その折に、彼のご尊父が生前に出版した本の話題になった。 <この一冊参照> 「この本をもっと広く紹介する方法はないものだろうか」 今は絶版となった本は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この一冊

発行されたのが初版3000部のみという貴重な本を、書庫の奥から抜き出して久しぶりに再読した。 腰巻にも謳っているように、名もない一庶民の、戦前、戦中、そして戦後の旅を中心とした内容である。 旅や登山がメインであるが、この本の価値はそればかりではない。 戦後の食糧難を買い出しなどで必死に乗り越えて家族を守り、激動の昭和をたくまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思いやりのあるわたくし

海苔や昆布などの乾物を買いに築地市場の場外へ行った。 お昼は寿司屋でマグロ尽くし。 そして、友人のおじさんが今年の師走もまた築地で働けるようにと、市場の守り神に手を合わせた。 神無月だけど、ま、いっか。 仁成館で手伝いをしていた時に仲良くさせて頂いたHさんは、毎年、年末の一ヶ月間だけ出稼ぎに築地へやって来る。 その…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋山郷土産にぎりん棒

以前大量購入したブナ材で作られた、1本100円の「にぎりん棒」 明日56歳の誕生日を迎える販売者のもっきりや親父は使用方法の講釈を垂れましたが、それはこちらで決めること。 部屋に置いてイメージをふくらませると、やがて頭の中に、月光射すムササビの森が出現しました。 地震感知計にもなります…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋色に染まる

例年よりおよそ10日遅れて、やっと紅葉がピークになりました。 駐車場のモミジは今がちょうど見ごろ。 思わずため息を漏らし、うっとり見惚れてしまうきれいな色です。 夏の天候不順で、秋山郷全体の色付きは赤よりも茶が目立ちますが、それでもアッパレ素晴らしい色に染まってくれました。 用事で切明まで走った。 橋上から中津…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード