テーマ:東京

人間が卑しくなる

色々と、東京を脱出する大義や言い訳を常に探しています。 旅もせず読書すらせず東京に   とどまりをれば人間が卑しくなる気する   時雨亭
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨入り

抹香くさいジジイになるのが夢です。 東京は梅雨入りしたようです。 長香の燃へ尽きてけふ梅雨に入る   時雨亭
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈍感力

東京駅構内を移動中にメールが届き、すぐに返信すべき内容だったので通路の隅へ移動、邪魔にならぬよう柱の蔭で打っていた。 トランプ来日の余波で、昨日あたりからコインロッカーが封鎖され、荷物を持て余している人が多い。 そんな一人だろう、キャリーバッグのスライドハンドルを目一杯伸ばして片手で引きずるばあさんが近づいて来た。 目…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

東京福めぐり

話は今月六日にさかのぼる。 最近はさかのぼってばかりで我ながら遺憾に思うのだが、時間が取れずにこのような仕儀になる。 だからというわけではないが、今回も長~くなる。 ヒマだなあ、呼吸するくらいしかやることがないや、とヒマを持て余している方だけお付き合いください。 世の中には御朱印ガールなる婦女子が多数存在…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

多摩モノレールの根性を見た

朝、先方から「こちらから出向きましょうか」と連絡があったが、一ヵ月前に私が行くと約束したので、台風だろうが猛暑日だろうが猛吹雪だろうが天中殺だろうがこちらから行く。 というのは、先方は多摩モノレール沿線だから、滅多に乗ることのないモノレールに乗りたいのが本音で、実はワクワクしていたのだ。 英語ではMonorailだから、Mo…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

もし淋しさがインクだったら、今夜君に手紙を書ける

忘年会と言っては当たらない。 けれど慰労会ならどうだと誘われて出掛けた。 酒も飲みたくない、人にも会いたくない。 けれど「あの日」の件で、香典の他に、誰が言い出したのか今でも不明だが、多くの人からカンパも頂いたから収支明細書は作った。 それを送ろうと、その旨を連絡したら、ならば集まろうじゃないかという流れで、プリント…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京のツバメ

数か月前、都心では二年連続でツバメが観測されないとの報道があったが、どっこい、いるところにはいるのである。 ツバメが何年生きるのか知らないけれど、毎年同じ場所で同じ相手と巣作りをするという。 春にフィリピンなどの東南アジアからやって来て日本で子育てをし、そして秋に再び南へ帰るのだ。 中には渡りをせず、私のようなぐう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

靴裏に都会は固し啄木忌

若い頃は山登りでずいぶん足を酷使した。 しかし山道は平気でも、階段などの上り下りは堪える歳になった。 おまけにコンクリートやアスファルトの路面は膝に来る。 都会で暮らしていれば仕方ないことだし、それが当たり前になっている。 それを受け入れないと日常が成立しない。 だから食を減らし、体を軽くしようと考えたのだが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都心の雀

このところ、毎食がコンビニ弁当か菓子パンである。 その菓子パンを買って、都心の公園のベンチで食べていた。 すると一羽のスズメが私のすぐ横のベンチに飛んで来た。 普通は人間の生活するテリトリーで生きている小鳥だが、用心深く、ここまで近づいたスズメを初めて見た。 パンが欲しいのだ。 試しに小さくちぎって、そっとつま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒暑節を過てり

今日の東京の最高気温は32℃だったとか。 観測史上、10月では一番遅い真夏日とかだそうで、まだ数日後にも真夏日予想が出ている。 そのせいで衣更えも出来ず、自室は夏秋物の衣類が混在し、毎朝、服の選択に悩む。 あとわずか一か月後の11月7日は立冬なのだ。 びっくりするよ、まったく。 「やだもう、やめて」と、エミがうんざ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

期日前投票

突然の予定変更があるから油断できない。 一日繰り上げて、都知事選の期日前投票に行った。 いつも疑問に思うのだが、投票所には何故鉛筆しか置いてないのか。 勘ぐれば、果てしなく疑惑が広がる。 開票所の奥には、闇組織の息のかかった人たちが大勢送り込まれ、消しゴムと鉛筆を持ちながら待機しているのだ。 でも、期日前投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我慢が出来ぬ 我慢がならぬ

東京は今年初めての猛暑日だとか。 病み上がりの体には堪える一日だった。 35度超えが猛暑日ならば、40度超えの日は何と表現するのだろう。 酷暑でもなし、激暑でもなし、熱暑でもなし、はて、40度超えが半日常になるやも知れぬこの温暖期、暑さここに極まれりと、俳句の季語にもある「極暑」とでも名付けるのか。 東京の過去最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸城天守閣再建之儀此歓迎仕候

江戸城天守閣を復元する計画があるようだ。 折しも今年は家康の四百回忌。 東京のランドマークとして、これほど相応しいことはない。 どことは言わないが、近代的、近未来的なデザインと謳っても、数十年も経てば必ず陳腐化するのは周知の通り。 だからこそ、日本の城郭の持つ意匠の普遍性を蘇らせる名案と思うのだ。 江戸城天守閣再建…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京エレジー

半月前の酷暑が嘘のように東京は涼しくなった。 炎帝の力も尽きたか、台風やら秋雨前線やらの仕業である。 止んだと思ったら時折パラパラと小雨が舞う生憎の曇天。 だから都庁展望室からの眺望は利かない。 いつもは新宿御苑や神宮外苑、代々木公園などの緑を探すのだが、予報で雲や傘のマークばかりが続くこの天気では仕方あるまい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京駅ライトアップ

例年ならば仕事納めは28日だが、カレンダーの並びで今年は26日になった。 今年もそこそこ働いたな、との思いが、東京駅前の雑踏に揉まれるとじわじわと実感される。 それに加え、ライトアップされた駅舎目当ての人たちも訪れ、丸の内は大混雑であった。 このライトアップ、28日まで続くそうな…。 別にライトアップを目当てに来たの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人間の最大の能力は想像力である

予報に反して、雲は多いながら青空が見えた。 爽気に満ちた季節である。 しかし…。 電線が邪魔だ。 都知事はオリンピックまでに、この電線を地下化させるつもりのようだ。 ところがやはり財源不足とかで、計画はどこまで実行できるか不明。 電柱を立て、電線を張り巡らせるより10倍もの予算が必要らしい。 都知事の頭…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

苦いコーヒー

今日は都知事選挙の投票日。 都民の権利を行使しようと家は出たものの、予想以上の積雪で、駅前まで歩いたところで挫けた。 そこで、コーヒーショップにて小休止。 疲れた…。 こんなことなら期日前投票を済ませて置くべきだったと後悔しても、もう遅い。 後悔は必ず後になって噛み締めるものであって、今回は予定の不確実さが、こんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿暮色

民宿もっきりやの主人、H氏と会うことになった。 地理的にも資金的にも時間的にも制約を受ける彼は、今回もまた忙しい中での短期東京滞在だ。 どこで待ち合わせるか一任する旨のメールが届いた。 「東京カフェでどう?」 「あそこは潰れた」 「じゃ、ヨドバシの1階で」 のやり取りがあって、無事に再会することが出来た。 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通勤地獄

健康であれば、年齢に関係なくいつまでも働きたいと思いながらも、相変わらずの通勤ラッシュに一日の体力の半分以上を消費している気がする。 いや、これはまぎれもない事実で、夜、帰宅して、ちょっと疲れたから少しだけ横になろうとコタツにもぐり込むと、気がつけば完全に熟睡してしまい、目覚めたら早朝だったということが度々ある。 慌てて風呂を使…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

終わり良ければすべて良し

かなり遠縁の、爺さまと婆さまが上京した。 爺さまは前日に来たものの、婆さまは家のことなどもあり、今日になった。 そこで東京駅まで迎えに出た。 息子から、 「何時何分発の何号車に乗せました」 と連絡があったので、その婆さまの特徴を聞いて待っていた。 爺さまは何度か会って知っていたが、婆さまは初対面。 何色の服で、バッ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

銭湯は迷わず女湯に入る

江戸東京たてもの園の、下町ゾーンの核となる「子宝湯」の前までやって来た。 履き物を脱いで自由に入れるのだが、ここはもちろん女湯から覗いてみることにする。 タイル絵は「高砂」か。 風呂に浸かって身を清め、長命を寿ぐ意味があるのだろう。 男と生まれたからには、誰もが必ず憧れる番台。 男子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日が有意義とは限らない

当直明けで、さあ帰ろうと支度をしていたら、実家から着信があり、 「扇風機が欲しい」 と言ってきた。 いま使っているのが壊れたのかと訊くと、そうではなく、もう30年も使っているから、新しい扇風機が欲しくなったとのこと。 我が家も同様、30年前のものをまだ使っている。 異音がして壊れそうだ、とかであれば仕方ないが、リクエストと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退化するアナログ

何が悲しくて猛暑の銀座くんだりまで、昨日に続き、また出て行かなければいけないのかと疑問も湧くが、早急に相談しなければいけな懸案事項がいくつか出現してしまったのだから仕方ない。 「暑いね」 「そうだね」 これも昨日と同じ挨拶代わりのやり取りだ。 暑さは変わらないものの、違うのは、風が心地よく、柳の枝が風にそよいでいることく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京の田舎は東京

江戸東京たてもの園の西ゾーンの一番西側に、茅葺の民家が隣接して三棟ある。 あまり時間もないので、それらを慌しく回った。 「江戸東京たてもの園」には、さまざまな建物があるが、この田舎テイスト満点のエリアがお気に入りだ。 田舎といっても、江戸時代中期から後期にかけての民家を、三鷹や世田谷、八王子から移築したもの。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo長靴Walker

人生の大先輩、もっきりやの旦那が東京に出て来てるので、例によってお呼ばれされました。 待ち合わせの某私鉄駅に降り立つと、相変わらずのスタイルで出迎えてくれました。 旦那にとっては、住み慣れた僻地も、生まれ育った東京も一切関係ないようです。 いえ、腰手拭いをぶら下げてない分だけ、東京を意識したスタイルといえるのかも知れません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

節電の現実

これは18日のことですが、少々忙しかったもので、アップが今日になりました。 m(_ _)m 都庁で野暮用を終えて新宿駅まで戻ると、ちょうどお昼時です。 ヨドバシカメラの一階を覗くと、ワゴンセールに人が群がっていました。 何だろうと近づいてみると、980円の携帯ラジオでした。 皆さん、万が一のことを考えているのでしょ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寒いぞ東京

霞が関で愉快ではない用事(どちらかというと不愉快)を済ませ、時間があったので東京駅まで歩いてみることにしました。 東京は真冬に逆戻りしたような氷雨で、時折みぞれがまじるお天気です。 歩けば体が温まるのか、それとも冷えるのか、どちらでも構わないのですが、沸騰した頭を冷やすのも、また一興でしょう。 少し歩くと桜田門…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

表参道イルミネーション

きれいなおねーさんと二人きりで、二時間ほどカラオケを楽しんでいました。 パフェを少しだけ横取りしながら、さて、次はどこへ行こうかと考えます。 本当はすでに決めているのですが、なかなか口に出せません。 で、原宿へやって来ました。 表参道のイルミネーションを見たかったのです。 実は数日前に六義園のライトアップを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都庁展望室

またまた用事で新宿へ出たついでに、都庁の展望室へ上ってみました。 本当は南に上がりたかったのですが、あいにく今日は北側しか開いてないとかで、仕方なく指示に従います。 二人がかりの荷物検査を受け、エレベーターで一気に45階まで運ばれました。 本来、高い場所は苦手なのですが、都民だし、無料だし、せっかく近くまで来た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード