テーマ:新宿

新宿暮色

民宿もっきりやの主人、H氏と会うことになった。 地理的にも資金的にも時間的にも制約を受ける彼は、今回もまた忙しい中での短期東京滞在だ。 どこで待ち合わせるか一任する旨のメールが届いた。 「東京カフェでどう?」 「あそこは潰れた」 「じゃ、ヨドバシの1階で」 のやり取りがあって、無事に再会することが出来た。 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒナたちが餌を待っているので

新宿で同業の人と会って情報交換を済ませ、ちょっとだけハンズを覗いてからサザンテラスに出ました。 すると驚いたことに、いつもは大行列を作っているはずの「クリスピー・クリームドーナツ」がガラ空きだったのです。 かつて友人に一個だけ貰って食べたことはあるものの、味の印象は残っていません。 以前から散々、ここの行列には嫌悪感のような感…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

都庁展望室

またまた用事で新宿へ出たついでに、都庁の展望室へ上ってみました。 本当は南に上がりたかったのですが、あいにく今日は北側しか開いてないとかで、仕方なく指示に従います。 二人がかりの荷物検査を受け、エレベーターで一気に45階まで運ばれました。 本来、高い場所は苦手なのですが、都民だし、無料だし、せっかく近くまで来た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイホせよ

忘年会シーズン真っ只中の新宿。 約束の時間まで少し早かったので、JRの南口周辺を意味もなくウロウロしました。 今年も電飾がきれいです。 「去年も撮ったっけなぁ」 と思いつつ、それでも撮らずにはいられません。 人類が人工的な光を得てから、人間の暮らしは一変しました。 まして不夜城の新宿ならば、その電力消…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ターミナルを横切って

新宿で人と合い、食事とお茶をしながら仕事の話を終えました。 別れて外に出ると、秋の真っ最中にも関わらず、肌寒く、すっきりしない天気です。 ちょっと薄着で来て失敗だったかなと、肩をすぼめて空を見上げて大気を吸い込んだら、肺の奥まで冷気が満ちて、しばらくその場に佇んでいました。 思い出しました。 私が立っているこ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

絶滅した伝統技 ちゃぶ台返し

新宿で、打ち合わせのために喫茶店に入った。 ところが用件は5分で終わり、外へ出ることになった。 せっかく涼しい場所へ避難できたのだから、もう少し居たいと思うのだが、相手はそれほど親しくない人で、話題も見つからない。 今日も暑いですね、ええそうですね、で会話は終わった。 次の予定まで、時間が空いてしまった。 雨は雨で困る…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

見なかったことにしようと思ったけど

新宿へ出て、宮崎県のアンテナショップの前を通りかかると、閑散としているいつもと違って、人が多く集まっていました。 物見高い野次馬を自認するわたくしとしては、なんだなんだと覗かずにはいられません。 どうやら、口蹄疫被害の募金箱に群がる人たちで混雑しているようです。 その募金箱には「義援金」の文字が。 第三者が義援金と名…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

傷病帰還兵慰労会

喫茶店で待ち合わせ、居酒屋、カラオケと廻りつつ、古兵(七年兵)殿の生還を祝いました。 つい先日、伊達巻戦争の激戦地に送り出したと思ったら、友はもう帰還です。 早いもので、兵士も私も、こうして時の流れに呑み込まれ、老いていくのでしょう。 昨日の友は今日の敵。 後方からも鉄砲玉は容赦なく発射され、帰還兵士は満身創痍です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京人の東京知らず

東京で生まれ、東京で育った年長の友人が、十数年前から田舎暮らしをしている。 その友人がたまに東京へ出て来て、もっぱら新宿で会っている。 そして何かを撮っている。 私もその方向を見る。 いつの間にこんなビル建ったの? 東京で生まれ、東京で暮らし続けている私も、東京の変貌には驚いてしまう。 淀橋浄水所、なんて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時代の最後尾を行く

新宿に出てケータイを買い替えた。 1円ケータイを探したが、どうやらいつの間にかケータイの販売システムが変わったようで、どの機種も数万円はする。 それでも現在のケータイは寿命が近く、どうしても機種変しなければいけなかった。 店員のお兄さんに勧められるまま決めてしまったが、案の定、イラナイもの、使わないものばかりが内蔵されてい…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

来年またお会いしたい

新宿にて今年の「冷やし中華」食べ収めの儀を厳かに挙行した。 具材の貧相な彩りと960円の金額設定は甚だ遺憾だが、来夏の、 「冷やし中華はじめました」 の張り紙との再会を祈念しつつ箸を置き、本年の儀式は滞りなく終了した。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Over stayじゃないのか

数年前から、フォルクローレを演奏する南米の路上アーティスト。 そこそこ良い演奏を聴けるのが楽しい。 新宿中心の活動のようだが、たまに他の繁華街でも見かける。 投げ銭よりも自主制作らしいCD販売が目的のようだ。 音楽に限らないが、腕はあるのにメジャーになれないアーティストは星の数ほどもいる。 今の社会では才能がそのま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

新年会の悲哀

義理で出掛けた新年会。 歌舞伎町からゴールデン街へと流れるのがお定まりのコース。 周囲では出版社勤務らしき中年グループが、編集者魂なるものや青臭い文学論を酒肴に喧々諤々。 アイデンティティ・クライシス集団が管を巻く姿は、悲哀と滑稽のコラボです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿にて

東口では年末恒例のイルミネーションが点灯していました。 義理で出席する忘年会は少々苦痛ですが仕方ありません。 薄い紙のような人情よりも、生きて行くための義理が肝心。 それにしても周囲を見渡せば、師走に浮かれたおじさんたちや若者ばかり。 浮世の憂さなどないのでしょうか。 浮かれた人たちの中で、私ひとりが浮いています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード