テーマ:自然

極楽に一番近い場所

いつ訪れても決して裏切られない場所がある。 ここは桜の時期にしか人が集まらないので、少しでも季節を外せば別天地である。 そこそこ標高が高いせいもあるのだが、吹き渡る風が本当に心地よい。 人影もなく、人工音もなく、昔は日本中のほとんどが、こんな自然環境の中にあったのだろうと、ちょっぴり羨ましく思えたりする。 (芝生はな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間の最大の能力は想像力である

予報に反して、雲は多いながら青空が見えた。 爽気に満ちた季節である。 しかし…。 電線が邪魔だ。 都知事はオリンピックまでに、この電線を地下化させるつもりのようだ。 ところがやはり財源不足とかで、計画はどこまで実行できるか不明。 電柱を立て、電線を張り巡らせるより10倍もの予算が必要らしい。 都知事の頭…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドングリからの小さな連鎖

男の子だった。 子供の年齢は分からないが、おおよそ幼稚園の年長さんくらいだと思う。 舗道を歩いていると、その子から声を掛けられた。 「一緒に渡ってくれませんか」 そこは信号のない横断歩道。 片側一車線だが、交通量の多い道路だ。 もっと車道寄りに立って手を上げれば、ほとんどの車が気付いて停まってくれるだろう。 ところが少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これ以上汚さないでね

  何かラフな話題でもと思っても、やはり思い浮かぶのは福島第一原発のことになってしまいます。 困りましたね。 困っているのは私ではなく、直接間接、さまざまな影響を被っている多くの人たちのことです。 放水口からダダ漏れの放射性物質は、海流によって希釈されるから心配ないと、政府と原子力安全・保安院が強調しています。 「海は広い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駐車場にて

もう今年何回目の草刈りでしょう。 刈っても刈っても逞しく伸びる雑草に、主人も汗だくの作業です。 例えは悪いのですが、まるで積んでも積んでも崩される賽の河原の石積みのようです。 大きなエンジン音で周りの音がすべてかき消されてしまい危険なので、草刈り機の使用中にうっかり近づいてはいけません。 個人の庭ならば放置していても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柱状節理

中津川左岸、屋敷集落から一本道を登った場所にこの『布岩』があります。 『材木岩』とも言うらしいのですが、布を垂らしたような景観の、このネーミングが一般的です。 鳥甲山北端に位置し、秋には見事な紅葉を見せてくれるので、カメラを持った多くの人たちが訪れる知る人ぞ知る観光スポットです。 仁成館へ戻る時は405号ではなく、変化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花いっぱい運動

玄関前でトラノオが揺れています。コイツを踏むと大変なことになるのです。 隣にはナルコユリ、向かいにはクガイソウ。 駐車場にはクリンソウ。 少し足を伸ばせばキヌガサソウ、ハンゲショウ、リュウキンカ等々。 ちょっとした散歩がとても楽しい季節です。                トラノオ                …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さい秋見つけた

まだ梅雨も明けていないのにコスモスが満開。 半年もの長い冬が終わり、一斉に春が訪れ、駆け足の夏は目前。 ところが和山はもう秋の気配です。 薪ストーブを片付けたばかりですが、またすぐ三ヶ月後には再登場の予定。 貴重な季節をいとおしむようにナツアカネが飛び始めました。 一年の半分が冬の秋山郷では、短い季節を急ぐかのよう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

シラネアオイ

宿の周りはすべて森。春まだ浅い遊歩道を散策します。 ほんの一時間ですが良い気分転換になります。 でも付近には冬眠から覚めたばかりのツキノワグマの気配。 バンを連れて来れば良かったとちょっぴり後悔です。 芙蓉に似たシラネアオイは人気の高い花だ。 乱獲の影響か、その数や群生地は確実に減少している。 都会へ持ち帰っても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード