テーマ:地下鉄

東京福めぐり

話は今月六日にさかのぼる。 最近はさかのぼってばかりで我ながら遺憾に思うのだが、時間が取れずにこのような仕儀になる。 だからというわけではないが、今回も長~くなる。 ヒマだなあ、呼吸するくらいしかやることがないや、とヒマを持て余している方だけお付き合いください。 世の中には御朱印ガールなる婦女子が多数存在…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

紅旗征戎吾が事に非ず

朝、北朝鮮がミサイルを打ち上げ、東京メトロ全線が止まった。 結局、失敗したらしいが、韓国は日本のこの対応に失笑したとの報道があった。 それでも、成功してしまえば東京には数分で届くのだから、文句を言ってもジタバタしても為す術がない。 政府の避難指示のスタンスは、頑丈な建物に避難するか、間に会わなければ窓から離れろ、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いいこと考えた!

東京メトロ丸ノ内線、荻窪駅である。 地上ではすでに30度を超えて蒸し暑かった。 でも構内はやや冷房が効いているようで、ちょっとだけ涼しい。 混み始めたので、老人に席を譲り、吊革につかまって、揺れに身を任せていた。 だが車内は暑い。 冷房を切っているのだ。 どうりで…。 JRや私鉄は、いつもの夏よりは冷房…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

痒いところに手が届かない

背中が痒い…。 ような気がした。 気のせいだから気にしなければいいのだけれど、気にしはじめると本当に痒いような気になり、これは気のせいだと自分に言い聞かせても自分が納得しない。 考え事をしていたのだが、それどころではなくなった。 肩から背中に手を回しても、痒い気がするそのポイントに手が届かない。 ならばと、わき腹から手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

布団着て寝たる姿や東山

ふとんきて 寝たる姿や ひがし山  嵐雪 目覚めると東山三十六峰の中の、ほぼ半数の山が見えた。 東本願寺の御影堂が「平成の大修理」によって覆われ、眺望を隠しているけれど、言ってみれば長い歴史の上では貴重な光景であり、珍景には違いない。 「ふとんきて 寝たる姿」は平易で理解しやすいせいか、今日まで人口に膾炙されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

副都心線開業

新宿から水道橋まで移動するだけだから総武線に乗れば15分で着くところを、開業初日なのでわざわざ三丁目まで歩き、副都心線を見物に行った。 どうということはなかった。 キップを買ってしまったので、池袋経由で後楽園に出た。 30分以上時間をムダにしてしまった。 しょうがない、元鉄チャンの血が騒いでしまったのだから…。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都電に乗りたい

明治通りを走ると、わずかな距離だが学習院下付近で都電と並走する。 懐かしいので思わず車を停めて写真を撮った。 思えば昭和40年代までは、都心の道路は都電の天下だった。 それが車に押しやられ、ついにここ荒川線1系統だけになってしまった。 この荒川線は私にとってまったく利用価値のない路線だ。 でも乗ってみたい。 かつて都…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

東京のラビリンス

新宿伊勢丹で買い物をして月島へ向かおうとした。 伊勢丹の地下は丸ノ内線新宿三丁目駅に直結している。 月島は有楽町線なので、さてどうしたものかと、「わし中年おやじはキライだもんね製服関係」の駅員に尋ねた。 『赤坂見附で乗り換え…』 いかにも面倒臭そうなタイドで、最後の『です』が小声で聞き取れなかった。 たった今、自動改札機で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

地下鉄に乗って

リトマス紙ではないけれど、「地下鉄に乗って」と聞くと、きっと「猫」と「浅田次郎」を連想する人に別れるのでしょう。 猫(フォークグループです)を真っ先に思い浮かべた人はたぶん50代前後。 他愛のない歌詞ですが、なかなかの名曲でした。 一方、浅田次郎の場合は映画の「地下鉄(メトロ)に乗って」ですね。 映画は見ていませんが、原…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード