テーマ:老後

百年安心

2千万円とか3千万円とか、我が家には有り得ない夢のような天文学的金額です。    百年安心させてください天瓜粉   時雨亭    何故出さぬ財政検証飯饐える
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひらひら

夕食に回るお寿司屋さんへ出掛けた。 先月は誕生日で、ばあさんから金一封を貰ってしまった。 大丈夫かばあさん、気は確かか? おめでとう、と言われたから、まだボケちゃいないことはわかった。 それでも慣れないことをされると、何か凶事が起こるのではと心がざわざわする。 後でこっそり確認したら、あげたお年玉の半返しならぬ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

現実を直視しなさい

こちらの都合で再延期していたプチ・リフォームが昨日終わった。 (先週の予定だったが、こちらの体調が悪く、三日間寝込んでいた。現在は回復) 猛暑の中の作業で、業者さんには迷惑をかけて申し訳なかった。 終わってみれば、やはり、生活に必要のない余分な物の始末をどうつけるかの課題が再浮上、またもや途方に暮れている。 新た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会の底辺に滑り落ちる恐怖

年上の友人が年金の繰り上げ受給の手続きをするというので、参考のために同行させてもらい、年金事務所へ行った。 職員は皆、私の年金統合処理の時の尊大さとは違い、こちらが引くほどの低姿勢で、これも個人情報漏れの為せる結果か、はたまた自分の給料がどこから出ているのかを、やっとこさ自覚したのだろうか。 いやいや油断はできない。 セキュリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田舎暮らし諦めた

田舎暮らしを渇望していた友人がいよいよ動き始めた。 節約に節約を重ねて貯蓄に励み、やっとそこそこの金額に達したようだ。 情報はすべて図書館から得ていたらしい。 パソコンは持っていない。 だから図書館へ行っても上手に検索が出来ず、書棚を眺めながら、すべてアナログでの情報収集である。 数か月前から物件を探し回り、よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ人生の最終レースである

年上の友人と二年ぶりに会った。 彼を仮にAとしよう。 Aは定年後の再雇用を望まず、60歳で定年を迎えた。 小規模ながら会社一筋に働き、そして現役をリタイアした。 悠悠自適と言えないのは今の社会保障制度の中では当然のことで、「老後は楽しい年金生活」とは古き良き時代が生んだ幻想である。 Aは学生結婚で子供はいない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

個人が背負うには限界がある

東北から懐かしい顔の三人がやって来た。 サプライズ嫌いの私を気遣い、友人も前もって「この日を空けておくように」と連絡が入っていたので、楽しみにして当日を迎えた。 こちらも三人。 合わせて六人での昼食となった。 「遠いところをわざわざ」 「いえいえ、こちらこそもっと前にお礼に伺わなければいけなかったのに、本当に失礼し…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

突然ですが、明日からアメリカへ行きます

先週の木曜日にクライアントに呼び出され、告げられたのがアメリカでの一年間のビジネス。 あまりに唐突な話で、しばし思考停止。 それでも仕事であるからには断れない。 お金を稼ぐために、わざわざアメリカまで行かなければならないのは、貧乏なればこその泣きの決断と同意で、不徳の至り以外の何物でもなく、我が貧乏が情けなく恨めしい。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

良い夢を見よう

電車が走り始めて、目の前に高齢の女性が立っていることに気づき、席を譲った。 次の駅で隣の席が空いたので、その女性の横に再度座ったら、改めてお礼を言われた。 そこから軽い世間話のようなおしゃべりが始まった。 いつもなら、座ったとたんに睡魔に襲われ、電車の揺れに心地よく身を委ねるのだが、どうも私は高齢者から声を掛かられやすいタ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

思い出ベンチ

私は東京でしか知らないが、少し大きな公園で、この「思い出ベンチ」をよく見掛けるようになった。 きみの職場に近いこの公園で会った春の日の昼休み、あれから48年。廣子ありがとう。 2006.11.4 次彦 2006年11月、次彦さんから廣子さんへの感謝の気持ちが刻まれている。 左下には、2007.6 とあるか…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

こんなん来ましたけど

旧社保庁から「ねんきん定期便」が届いた。 いろいろ言いたいことはあるが、とりあえず同封されていた書類を見た。 統合した記録に間違いはない。 納付期間も正確だ。 こんなに長い間、納め続けていたのかと思うと、「負の感慨」のようなものが湧く。 そして、これまでの納付累計額を見たら気が抜けた。 中古マンション程度なら買え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中年互助会構築計画

これもオフ会というんでしょうね、中年男三人が西新宿で合流、老後の扶助システムを考えます。 それぞれ余裕の表情ですが、中年ド真ん中から初老に片足を踏み入れた御仁まで、その年齢幅はおよそ10年。 三人の居住地もバラバラで、その土地を点で結ぶと、きれいな三角形になるのです。 駆け付けるには少々遠いけれど、老後を考えると、そうも安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこまでも愚かな人々

やっと年金特別便が届いた。 問題の無さそうな人は後回しだったから、私の年金記録には間違いや漏れが無いと判断されたのだろう。 ところがやはりというべきか、記載を見たら、私も五千万件の中の一人であることが判った。 相変わらず混雑は続いているらしいが、とにかく出掛けて行って統合して貰わなければと、まず社保庁のHPを訪ねてみた。 …
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

友あり遠方より来たる

遠路、友人夫婦が来てくれました。 近くに住みながら、実に五年振りの再会でした。 釣果も上がり、釣りの後は心ゆくまで掛け流しの温泉を堪能したようです。 昨夜の宿泊は彼らだけの貸し切り状態で、こちらもリラックスして夜更けまで語り合いました。 また楽しからずや、です。 彼の唯一最大の趣味は釣りだ。 老後は釣り三昧の暮ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード