テーマ:六本木

曜変天目茶碗と日本の美

平知盛の最期ではないが、見るべきほどのことをば見つ、の心境でここ数年間を過ごしてきた。 そしてブログのどこかにも書いた。 しかし思い巡らせれば、まだまだ見るべきものの何と多いことか。 これだけは見ておけ! そう心が命じている。 同時に、自分の妄執の深さを見た気もした。 本当に美しいもの、移ろわぬもの、己の琴線に触れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴジラに壊してもらいなさいね

何が悲しくてこんなところに来てしまったのかと、ほとほと自分が情けなくなるのですが、連れて来られてしまっては仕方ありません。 食事やショッピングなんて、アメ横ですべて事足りるのです。 ここ六本木ヒルズは今回で三度目。 でも三回とも好きで来たのではないのです。 変貌する東京の象徴とも言えるこのビルは、威圧的で、そこはかと…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

不倫の行方 2

「不倫の行方 1」からの続き。 彼と私はギター仲間だった。 当時、彼は19歳。 私は自分のギターを抱えて彼の自宅へ通った。 ギターで結びついた縁といえどライブなどの活動は一切なし、あくまでも二人でギターを弾くことだけが楽しかった。 それもオリジナル志向。 分担は決まっていた。 彼が詞を書き、私がメロディをつける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護を食い物にするなかれ

訪問介護最大手「コムスン」が事業指定更新不許可になった。 介護になぜノルマを課すのか不明だったが、拝金主義の営利企業だったと判ればすべて納得がいく。 六本木ヒルズ周辺を歩けば、高級外車の列や、高そうなスーツに身を固めたお兄さんや、ツンと澄ましたお姉さんばかりが目につく。 私のようにジーンズでスニーカーのおじさんは、見回しても一…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

悪徳商法を叱る

訪問介護サービス大手の「コムスン」が、介護報酬不正受給の疑いで東京都の査察を受けたことで、普段は温厚な知人が猛烈に怒った。 『ウチはちっこい組織だけど一応は同業だ。口には出さぬが、なぜ六本木ヒルズに本社を持てたのか、同業の誰もが判っていたぞ! 30分で済んだ訪問介護時間を水増しして不正請求を繰り返しやがって! そんなコトしてた…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

阿漕な商売を怒る

六本木ヒルズ近くの創作和風料理店。 マズいサラダロール三つで860円だと。 ナメんなよオイ! 原価計算したら笑いが止まらないだろう。 世はプチ・バブルだとか。 こんなもん喜んで喰うバカがいるから世間はどんどんつけ上がるのだ。 帰宅してお茶漬けで口直ししたもんね。 プチ失敗やらかして、ワードの文章を一部消してしまった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード