テーマ:若者

実効支配

カラコンの巨大な黒目たちに後ずさる   繁華街は少女たちが実効支配す   時雨亭 過ぎ去った時間は僕らに優しかったね  昭和の味のハンバーグ エビデンスなく言う人は楽です  汗かいているのは非正規です 若づくりの句見つけ女はそんなもんよと  妻のスッピンしみじみ 戦後生まれの俳人が…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

非正規の君

毎朝コンビニで会ふ非正規の君   いつも鮭むすび1個スポドリ1本今日も頑張れ   時雨亭 利用者にしてみれば直営店や加盟店の区別など関係なく、人手不足なら物理的に営業も難しいだろうし、それを利益のためにだけで24時間営業を続けろと言う本部も、人権はもちろん、公取委の 「加盟店に不当に不利益となるような取引を実施…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈍感力

東京駅構内を移動中にメールが届き、すぐに返信すべき内容だったので通路の隅へ移動、邪魔にならぬよう柱の蔭で打っていた。 トランプ来日の余波で、昨日あたりからコインロッカーが封鎖され、荷物を持て余している人が多い。 そんな一人だろう、キャリーバッグのスライドハンドルを目一杯伸ばして片手で引きずるばあさんが近づいて来た。 目…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

パッキン壊れた

マスコン萌え~、とかの話ではないけれど、昔の鉄ちゃんの血が騒ぎます。 最後部車両からの眺めは最高。 過ぎ去った日々を回想するわけでなく、流れ去る風景に、ただただ陶酔するのです。 さて本題。 朝、ホームに吐き出され、わらわらとみんなが群れながら下りるエスカレーター前で三十代とおぼしきサラリーマン氏と、口には出さ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

梨子さんわこさん姉妹の短歌が楽しい

わこ…。 のんびり朝刊を見ていたら、あ、あの子だ、とすぐに思い当たった。 わこさん。 朝日歌壇にわこさんの歌が採られていた。 お姉さんの梨子さんが恋しているらしい。 姉妹を見たのはテレビの中だけで、他の情報は何も知らないけれど、ご家族だけでなく、こちらも気になるではないか。 そのテレビは、前々回アップした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お天道様が見ているよ

仮眠したら起きるのがつらいだろうと横になるのを諦めて温泉で体を温め、午前三時半に、実家の氏神である住吉神社のお手水場から持参した水を若水とし、それで薄茶を淹れた。 一年の最初に何を口にするかは、いつも気に掛けている。 それによって今年はどうしたい、どうありたいなどの験担ぎは考えていないが、やはり何かが気にかかる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若気の至りと年の功

数日前のこと、夕刻にJRの某駅から快速電車に乗り込んだ。 そろそろ帰宅ラッシュが始まる時間なのに、電車は停車中で座席はガラガラ、思わず「今日はラッキー!」と腰を下ろした。 ところがすぐに車内放送があり、三つ先の駅で人身事故があり、上下線全線で運転を見合わせているとのこと。 運転再開の予定時刻も同時に告げていたが、それは一時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蒲焼きの日

ここ数年、ニホンウナギの稚魚が獲れずに不漁が続いている。 これは大変と、絶滅危惧種に指定されるらしい。 日本全国のうなぎ屋さんの軒数も減少していると聞いた。 絶滅寸前ならば、それが大好物であっても食べるのを控えようと思っていた。 ところが店頭にはうなぎ弁当。 すでに成仏して、すぐにでも人間さまに食べられるべく用意されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これも大道芸

夕方、街中を歩いていると、遠くからライブ演奏が聞こえてきた。 どこかでバンド演奏をしているようだ。 ところが音源の正体はこの若者一人。 ドラムセットを背負い、ブルースハープを鳴らしギターを弾き、なかなか良い声で歌っている。 私の好きな声質だ。 演っていたのは「イマジン」で、もちろんドラムも叩いている。 足踏みをすると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人型大食いロボット

例の高校生(何が「例」だ? と疑問の方は、適当に過去ログを探して下さい)から連絡があり、仕事を9時過ぎに中抜けして会いました。 「夕食は?」 「食べました」 ステーキでも御馳走してやろうと考えていたのですが、張り合いのない奴だこと。 こっちは腹ペコなのです。 当直勤務の前に、腹ごしらえをしたいのです。 「お寿司なら、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

身勝手な大人

いまではお馴染みになった、純情高校生と夕食を共にした。 暑い時には、香辛料の効いたスパイシーな食べ物に限る。 そこで、お手軽ではあるけれど、カレーに決めた。 「いつも撮ってますね」 「え、あ、うん、……年取ると、何を食べたかすぐに忘れるから、これ、記録のつもり」 ブログにしようと思ってね、とは言えず、とっさに嘘をつ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

勝手にやってなさいね

夕方に今日一日の仕事を終え、さあ、帰ってシャワーだ! と喜んでたら、純情高校生から着信があり、急遽、会うことになった。 今回もオヤジ狩りではないのだ。 内容はおおよそ分かっていたので、待ち合わせのサンマルクへ、汗まみれのまま向かった。 食事は帰宅して食べるからいいというので、お茶だけすることにした。 アイスコーヒーにシロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんばれ純情高校生

夕食前、高校生に電話で呼び出された。 「話があるんだけど…」 オヤジ狩りか、と思ったが、何のことはない、先日、ギターを買うのに付き合った奴だった。 目の前の冷やし中華とメンチカツに未練を残し、家を出た。 私には話など無いのだが、奴の方にあるらしいので、それが何かは見当がつかないものの、某駅前で合流した。 「メシでも喰う…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

トンビはトンビしか産まない

優先席に座りたそうな高齢者と、見て見ぬ振りをしてるのか、それとも気付かないのか、優先席でケータイに熱中する女子高生。 当然、電源OFFにしなければいけないことも承知だろう。 外見で判断してはいけないが、服装をはじめ、髪も染めておらず、真面目そうに見える。 他人や周囲にまったく関心を示さないのは最近の風潮で、もう驚きもしない…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

平和とは

錦糸町近くで用事を済ませた帰り、東京都慰霊堂に寄った。 この横網町公園は、震災の犠牲者が多数葬られた元陸軍被服廠があった場所。 そして米軍による東京への度重なる空襲による被害者たちを追悼する場所。 犠牲者名簿を納めてある花壇はヒマワリに彩られていた。 その前に仲の良さそうな若いカップル。 聞くともなく聞こえる会話は英語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君たちも立派な埼玉都民

池袋から新宿へ出るために埼京線に乗ると、目の前に若い娘が三人。 高校生くらいの年齢のようだ。 オバQメイクに高床式ブーツ。 未だに生息してたんだね。 もう見ることも叶わないかと思っていたよ。 でもとにかく騒がしい。 おじさんは別に気にならないが、周囲は迷惑顔。 地元大宮の話題のようだ。 『がはは、それチョー受けるんだ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

エライぞ働く若者たち

昨日は親友のたけしクン、Mくんと、浜松町でささやかな忘年会をした。 夏に「親父バンド」でスタジオに入って以来の再会である。 安い居酒屋で飲んだくれ、その勢いのままカラオケ店へなだれ込んだ。 するとそこには、親父たちのご乱行を揶揄するかのように、営業スマイルで懸命に働く若者の姿があった。 「おじさんたちはこんなことで良いのだろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

命短し恋せよ乙女

何故か年頃の女性から、よく恋愛相談を受けます。 女性ならではの片思いの切なさ、失恋の辛さ、不倫の苦しさ等々。 適切な助言は出来ないし、ここで詳しく語ることもご法度ですが、過去の我が身に照らして男性心理や行動を説くくらいは可能です。 周りのみんなが幸せであって欲しいので、真剣に向き合って答えます。 意外に、その彼女に好意を抱い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード