こりこり


我が草庵へ出向くのに、なぜ手土産を持参しなければならないのか、なぜ家主が自分の家へ入るだけなのに他人に歓迎されてしまうのか、未だに判然としないが、考えても正解が導けないので考えぬことにした。

静養に来たので、居心地はすこぶる良い。
自分の庵だからリラックスできるのは当然なのだが…。


画像

痩せ尻の骨こりこりと端居かな   時雨亭




"こりこり" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード