多摩モノレールの根性を見た


朝、先方から「こちらから出向きましょうか」と連絡があったが、一ヵ月前に私が行くと約束したので、台風だろうが猛暑日だろうが猛吹雪だろうが天中殺だろうがこちらから行く。

というのは、先方は多摩モノレール沿線だから、滅多に乗ることのないモノレールに乗りたいのが本音で、実はワクワクしていたのだ。
英語ではMonorailだから、MonoであってもRailなので単軌鉄道といえど立派な鉄道なのだ。
昔の鉄チャンの血が騒ぐではないか。

画像
台風21号は関西方面を目指しているようだが、予報では東京も荒れ模様らしい。
ザッと降り出したかと思うとピタリとやんだり、朝から不順である。
それでもJR立川駅からモノレールの立川南駅に向かった。

午後から風雨が激しくなるようだが、なったらなったでモノレールは真っ先に止まるだろう。
その前に帰ればいいだけの話で、後はタイミングだけだ。

滅多に乗らないのは、北は東大和市の上北台とかいう、まったく縁のない終着駅で、目の前の新青梅街道は車で走るし、お呼びでないのだ。

延伸の計画もあるやに漏れ聞くが、そのまま北進して埼玉の所沢を目指す(都営だから無理か)のか、はたまた東進して東村山方面か、逆に西進して八高線の箱根ヶ崎駅(これは計画にあったような気がする)か、更に青梅や五日市か。

青梅線も五日市線もどちらも盲腸線だから、止まった時は代替に便利だろう。
でも西東京バス(親会社は京王)や立川バス(同、小田急)が黙ってないだろうなとも思う。
両バス会社にそこまでの力があるとは思えないが、とにかく上北台が終点というのはもったいない。

島しょ部を除いて唯一都内で鉄道が通っていない武蔵村山市までは通してあげてくださいと、みどりのおばさんに陳情してみたらどうか。
オリンピックと受動喫煙で頭が一杯だろうから無理だろうな。
それより都営地下鉄と東京メトロ(都が大株主)を統合されては困る。
バカ高い運賃は鉄道に限らずバスも同様である。
都営の初乗り運賃など、ぼったくりに遭ったのではと思う。

話を多摩モノレールに戻すが、一方、南進すると京王線の高幡不動や多摩動物公園や名も知らぬ大学やらを経て多摩センターに至る。
こちらは京王線や小田急線が扇の要のように寄り添うから便利である。
反して、上北台の何と殺風景なことよ。


多摩センター近くのサンリオピューロランドに行ったのは数年前の妻の誕生日。
その時は車だったが、次回は多摩動物公園へモノレールで行ってみようと話した。

で、当時の画像が残っているので、画像の断捨離を兼ねて以下に置く。
我慢して見てやっておくんなさいまし。
あの時は私だって我慢して一日妻に付き合ったのでございます。

画像

現在の妻との間には子供がいないから、いつまでも妻の幼児性が抜けずに困る。
だからいい歳こいてキティちゃんが大好きなのだろうが、おじさんおばさんのカップルは他にいなかった。

それに入場料がバカ高い!
妻からすれば安いくらいなのだろうが、どうにも面白くない。
JAF割引が効くようなので、少しでも安くあげたい、と窓口に行ってみれば、60歳以上はおよそ半額くらい(だったかな)で入場できるのであった。

これはじいさんばあさんを狙ったものと簡単にわかる。
孫を連れてどんどんいらっしゃいねの戦略は、65歳の高齢者からではなく、還暦を過ぎたらもうじじいとばばあなんだよと諭されているようで複雑。
でも興味ないのに入ってやろうとしているのだから、当然の扱いと納得してあげた、大人~。

興味がなければ退屈する。
退屈すればあくびが出る。
ということで、こっそりあくびを連発していたらバレた。
だって眠くなるんだからしょうがないじゃん! とは言葉にしなかった平和主義者である、大人~。

知らなかったけど、ぜ~んぶインドアでした。
予備知識なしで来たので、ちょっと驚いた。

画像


画像


画像

若くてきれいなおねえさんがコスプレのミニスカで登場すると目が覚める。
横を見ると生涯眠り続けていたくなる…。
で、おねえさんがキレッキレのダンスを踊り始めると再び覚醒する。

画像

食事はフードコートでお子様用のメニューしかない。
これが子供が好む味なのか、と思うほど口に合わなかった。

画像

お皿くらいは無地のもので出して欲しい。
旗は立てないで欲しい。

  画像  画像

画像

以上、画像の断捨離完了。
何しろ「キティちゃん」のホルダーが目障りだったので、これですっきりした。


で、話は台風21号に戻ります。

画像
そろそろヤバそうだなと思って立川まで戻った。
乗り換えもスムーズに行き、無事に帰宅したら、中央線が止まっていることを知った。
ぎりぎりセーフ。

確かに車内放送では、強風のため多摩川と浅川を速度を落として通過しているので10分遅れとか言っていた。

反して、多摩モノレールは遅延こそしているが止まらなかった。
モノレールだって多摩川を渡ったんだぞ。
眺めだってロンドンの二階建てバスより良いんだぞ。

駅を出てからは風雨に叩かれて傘も役に立たずびしょびしょになったが、モノレールは意外と根性があると知った。

軟弱なJRは中央線に続いて青梅線、五日市線、八高線と、次々に止まったようだ。
ならば、やはりモノレールの延伸は西へ向かうが良かろう。

また妻の誕生日が来てしまう。
天気が良ければモノレールに乗って、今度は多摩動物公園へ行こうか。
悪ければ悪いなりに動く根性は大いに評価しよう。

でも…。
もう少し運賃安くしろっ!
じゃなきゃ還暦割引を導入しろっ!

東京西部のコアな内容ですみませんでした。


※ 仕事を始めたのでPCを開く時間がありません。
   更新頻度も極端に落ちます。
   皆さまのところへお邪魔する機会も激減すると思われます。
   リプも当然遅れます。
   ごめんなさい。


 以下は延伸予定図

画像


"多摩モノレールの根性を見た" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード