偉大なる冬将軍様


冬桜咲く蒼穹の虚空を風花が舞う。
身も引き締まる凛とした風情が潔い。
立ち止まらなければ見えないものがあることに、今更ながら気付く。

今日は文学的なのである。
私をバカだと思っている人もいるようだが、見直すべきである。

寒さも限界。
ストーブと電気毛布を出した。

画像



"偉大なる冬将軍様" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
2020年07月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード