時雨亭往還

アクセスカウンタ

zoom RSS 看取りの指針

<<   作成日時 : 2019/04/17 23:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2



 目が覚めて昨日と同じ体調を確認する安堵するお茶にする   時雨亭


画像
起きてお茶淹れてご飯にして薬を飲ませて、それでもまだ朝の6時。

うーん、と伸びをして深呼吸。
すると、都心はこんな匂いだったかなと、普段は気にも留めなかったことに気づく。

以前は6時半になったらラジオをつけてラジオ体操させていたのだが、歳も歳だし仕方あるまいと思う。

佃堀は堰き止められ水を抜かれて、説明はあったが、区だか都は何をしたいのかとんと見当がつかぬ。

昔といっても50年ほど前だが、お堀に面して粗末な掘っ建ての作業小屋がずらり並んでいて、魚河岸(築地)や直接舟を出して獲って来たアサリなどの殻剥きをしている人たちの暮らしがあったなあと一瞬だけ回顧した。

この回顧は懐古でもあるが、50年前は年寄りもアラフォーだったんだなと思うと少しだけ可笑しくなって、表情には出さず、胸の中で微苦笑した。

画像
昨日と同じ今日を無事に終えて安堵し、クロ現を観たら、ああ、あの著書の人が出ている、と見入った。

いよいよ真剣に看取りを考える時期だと関心を持って手に取ったのは一ヵ月前のことで、貪るように読み進めた。

拙ブログで触れようかと思ったが、書くとこちらの思い入れが前面に出て文章が生々しくなるので控えていた。

この機会だし、書けば頭に入るだろうと思い、番組の内容に沿って少しだけで終わらせる。
4月17日放送のクローズアップ現代(参照)。

タイトルは「看護師僧侶の死にざま指南 家族の最期どうみとる」とあって、導入部では「大切な人が死にゆくとき みとる人はどう寄り添えばいいのか 望む場所で穏やかに最期を迎えるには何が必要なのか」という問い掛けだった。

現役の看護師で僧侶でもある玉置妙憂さんが説くお話は、終末期介護の現実をわかりやすく示してくれて心に響く。


画像

著書と番組から一部分を抜き書きします。



今は昔と違って死が身近ではなく経験値がありません。
死にゆくとき、人の心と体にどのような変化が起こるのか。
みとる人がどう行動すればいいのか。
そのようなことを知っておくことで、
「ああすればよかった」
という後悔を減らすことが出来るかもしれません。




次に、死を迎える心と体の変化をリアルに説明します。



死の予兆はおおむね三か月前から現れ始めます。

多くの場合、始めに現れるのは内向きになることです。

人に会ったり出かけたりしなくなり、テレビや新聞も見たくなくなります。

その代わり、これまでどういうことをしてきたかなど、しきりに話したりします。

一生懸命自分自身の人生の整理をしているのです。

もうじき死ぬということは、ごく当たり前として食は細くなります。

周囲はそれが分かりませんから、心配して病院に連れて行きます。

栄養を入れれば餓死は免れます。

とはいえ、着地体制に入った人が、もう一度元気になって歩けるようになるということではありません。


死までの期間が一か月を切ると血圧や心拍数などが不安定になり、肌や爪、手足の血色が悪くなります。



亡くなる二週間から一週間ほど前になると、たんが増えてのどからゴロゴロ音がします。

苦しいだろうと心配になりますが、端から思うほど本人は苦しくないと言われています。




亡くなるまで二十四時間を切ると、あごを上下にうごかしてする下顎(かがく)呼吸が始まります。

人が亡くなる際の自然なプロセスです。

心停止の前に、それまで出なかった尿と便がいっぺんにパッと出ます。

血圧が低下して体中の筋肉が緩むためです。

そのおかげで、亡くなった後の体の中はきれいに空になっています。

人は自分で自分の体をきれいにして亡くなるのです。




私の読書なので、私なりの思いや感想のようなものもありますが、お薦めするわけではありません。
一か月前に読んだばかりですが、再読して看取りの指針を改めて探ってみます。
これも数年経てば備忘録になるでしょう。
中途半端になりました。<m(__)m>


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
15年前に 読んでいればと・・
今、後悔しています( ;∀;)
みなと
2019/05/05 18:51
こんばんは。
私などは余りにも無知だったために母のガンに気づけず、まるで見殺しにしたようで未だに後悔しまくってます。でも逝ってしまった人は現実を粛々と受け止めて去ったのだと思いたいです。

昨晩は再生医療の番組を真剣に観ました。
10年後、50年後、100年後の医療などは劇的に変わっていることでしょう。今はスペアの利かない体をチビチビ節約して使いながらの日々ですね。今この瞬間をを生きていられることに感謝しながら、省エネモードで暮らしましょ。(^^)v
時雨亭
2019/05/05 20:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
看取りの指針 時雨亭往還/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる