桜下の気狐


画像



     夜桜や百鬼夜行の阿鼻叫喚   時雨亭

     妖かしの言語絶する花の闇

     桜下の気狐仏頂尊勝陀羅尼護符

     暮れ六つの昏鐘モノクロームの花冷え

     儚さが斯くも沁みるか花の宵

     花篝の野辺送り終へれば犬の遠吠へ

     夜桜の旧街道へ大回り

     (既出)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年03月31日 12:49
えっと、3つ目と4つ目と最後の。好き。
俳句。ホントにお上手。
ノートとか持ち歩かれてるんですか?
急に言葉が湧いてきたときとか。。

時雨亭
2019年03月31日 13:52
たまにケータイのメモ機能に入れますが、
基本、何もしません。
ひねっちゃおーかなーと思った時は天を仰いで、
俳句の神出でよ、と降りて来るのを待ちますが、
そんな時に限ってへっぽこ神が現れて、
結果、こんな駄句ばかりを授けてくれます。
いい迷惑です、とほほ。(ーー゛)
2019年03月31日 18:30
こちらの俳句、 怖いくらいに咲き誇った桜の下をくぐりながら、見とれて歩いたかのようなイメージが、頭のなかに 浮かびました! つくづくと 言葉の不思議さを感じます! 俳句は、作れませんが、言葉は、大事に使わないといけないなぁと思いました。
時雨亭
2019年03月31日 20:09
 私なんぞは単なる趣味で、気が向けばちょこっと遊びでアップするだけですが、中には真剣に取り組んでいる方々も大勢いらっしゃって申し訳なく思っているところです。もっと正直に書いてしまえば、ネタはあるのに長文を書く時間が確保できず、こうしてお茶を濁しているわけです。四方八方からの攻撃で被弾しそうです…。(>_<)
2019年04月01日 07:56
お早うございます。
>俳句の神出でよ、と降りて来るのを待ちます。
 
 良いこと聞きました~
 みなとにも俳句の神が下りてきてほしい・・
 やってみますね
時雨亭
2019年04月01日 20:22
こんばんは。
私にとって神とも言うべきはみなとさんです。
骨太で暮らしに寄り添った句は憧れとともに
お手本であり永遠の目標です。

神が神を下ろしたら神同士でこんがらかって困りますね。
でも本当にみなとさんに神が降臨したら
芭蕉のように俳聖と呼ばせて頂きます!
神様からコメントを頂戴するなど畏れ多いことで
激しく恐縮します(けど嬉しいデス)。
次回からは句作時に強く念じますから
どうかみなとさん降臨してくださいね。
よろしくお願いしま~す。(*^^)v
2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード