木守柿 ~素人俳句が気に食わない俳人~


画像
人間サマの取り分はすでに確保して、今年の柿のシーズンは終りました。

後は鳥や虫たちの分で、越冬のための栄養となるよう、このままにしておきましょう。

他にも、再び大収穫できるようにとか、来年の五穀豊穣を願うとか諸説あるようで、ならばリンゴは? 梨は? ミカンは? と、木守柿ならぬ木守果樹の啓蒙活動推進を考えたくなります。

で、くだらない駄文はほどほどにしますが、「木守柿」は秋の季語のはずなのに、中には冬として用いている方もいらっしゃるようで、ちょっと混乱しています。

でも季重なりにならなければいいだけのことで、冬に秋の句を詠んでも、文科省の国語審議会や俳句協会などからクレームが来る心配はありません。


山頭火も柿が好きだったようで、いくつもの柿の句を遺しています。


 柿が赤くて住めば住まれる家の木として


 何おもふともなく柿の葉のおちることしきり


   郵便屋さん

 たより持つてきて熟柿たべて行く


 やつと郵便が来てそれから熟柿のおちるだけ



私は自由律も俳句と思っているので、ああ、いいなあ、と鑑賞しています。

ところが、自由律は俳句ではない! と切り捨てる俳人も碧梧桐や井泉水の昔から途切れることなく連綿といらっしゃるようで、明治33年~昭和43年を生きた某俳人の著書では、バッサリどころか完全に無視されていました。

素人の俳句がとにかく腹立たしいらしく、少々長いのですが、序の章の文章を転記してみます。


 いままで無数の初心俳句に接してきましたが、常に痛感することは、どの人も常に同じ入口から俳句の道に入り、常に同じ過誤を繰り返します。たとえば、星や灯(ともしび)は必ず「瞬く」と表し、センチな人は「うるむ」と言います。雨は必ず「しとど」に降り、果実は必ず「たわわ」に生(な)ります。紅葉や赤いカンナは必ず「燃え」、空や水や空気は必ず「澄む」で、帰路は必ず「急ぐ」とし、自転車は、必ず「ペダル踏む」とやります。

 農夫は「背を曲げ」、農婦は「腰太し」にきまっています。母は必ず「小さし」であり、これはまあいいとしても、どんな老齢の作者でも、必ず「妻若し」とやるのは、いささかベタ惚れが強過ぎます。早乙女は必ず「紺絣」を着、どんな洗いざらしでも「紺」は「匂(にお)わ」せます。日向ぼっこは必ず老人と孫と猫とが縁側に登場します。犬は出てきません。



「犬は出てきません」に私好みのユーモアのセンスを見ますが、以上のような、いわゆる手垢の付いた表現はさすがにしないものの、ごもっともと同感しつつ、はて、私も昔はこんな俳句を作ってたかしらと、未だに未熟な我が身を省みるのです。


 たとえば「柿」という題が出たとすると、(中略) だれが示唆したというわけでもないのに、初心者が最初に作る句は、
必ず、柿がたった一つ梢に残り
必ず、夕陽が照らす
という場面をこしらえ上げ、
 夕陽に沁み梢に残る柿一つ
 柿一つ梢に夕焼褪せてゆく
 夕焼の空燃え高き柿一つ
 柿一つ取り残されて秋は暮る
であり、あるいは「一つ」ではなくとも、夕方に持ってくる傾向が強烈です。
 峡(かい)暮れて柿に残れる日の匂ひ
 丘の柿夕日真赤に吸いこみぬ
 柿の木の夕焼いつか空に帰し
柿と夕焼との連想はともかく、常にたった「一つ」というのが妙です。
まことに不思議でありながら、また常に事実であります。身に覚えのない人が何人いるでしょうか。



著者(残念ながらすでに故人です)は素人の俳句を十万句集め、それでも足りなかったらしく、五万句追加して十五万句を収集したというのですから、ただ者ではありません。

この本についてはいずれ詳しく触れようと思いますが、わずかこれだけ書いただけでも、多少なりとも俳句に関心をお持ちの方なら、あ、あの本、とすぐに思い当たることでしょう。

アイロニーに満ちたこの本に出合ったのは四十年近くも昔のことで、友人に「俳句の奇書見つけた」と知らせたことを覚えています。

素人の不出来な俳句に、皮肉たっぷりの容赦ない指摘で笑わせてくれます。
友人と、それこそ自分たちのことは棚に上げて大笑いしたものです。

でも、作句に及び腰になりました。

画像
自戒。

 俳句とは詠まず読むもの柿一つ

ちょっとおふざけが過ぎました。


再び山頭火。



 前も柿、後も柿、右も柿、左も柿である。柿の季節に於て、其中庵風景はその豪華版を展開する。
 今までの私は眼で柿を鑑賞していた。庵主となって初めて舌で柿を味わった。そしてそのうまさに驚かされた。何という甘さ、自然そのものの、そのままの甘さ、柿が木の実の甘さを私に教えてくれた。ありがたい。
 柿の若葉はうつくしい。青葉もうつくしい。秋ふこうなって、色づいて、そしてひらりひらりと落ちる葉もまたうつくしい。すべての葉をおとしつくして、冬空たかく立っている梢には、なすべきことをなしおえたおちつきがあるではないか。
 柿の実については、日本人が日本人に説くがものはない。るいるいとして枝にある柿、ゆたかに盛られた盆の柿、それはそれだけで芸術品である。
 そしてまた、彼女が剥いでくれる柿の味は彼氏にまかせておくがよい。
 柿は日本固有の、日本独特のものと聞いた。柿に日本の味があるのはあたりまえすぎるあたりまえであろう。

 みんないつしよに柿をもぎつつ柿をたべつつ



画像
 時雨亭の干し柿が食べ頃になりました。

 これすべてが保存食です。

 冬に秋の俳句ネタでした。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

美代子
2018年10月25日 20:50
 あ、失礼しました。M大の先生ではなかったんですね。そう言えば、俳人って短気な人多いんですよね。ある俳句会では、句会が終わった後お酒の宴会になるらしいんですが、最後には喧嘩になって、みんな、血だらけになって帰るなんて言ってました。俳句の世界は実に可笑しいところですよね。短歌は紳士淑女の世界ですが、俳句はあの夏井いつきさんのようにストレートにモノ言う人が多いですね。夏石番矢さんも凄いですよ。「だから君らはM大止まりなんだ」 で新聞、マスコミを賑わした人です。口が過ぎてみなに怒られ、追っかけられてホテルの洗面所に閉じ込められたとかネットにありましたが、真偽のほどは。。。?ですが。
時雨亭
2018年10月26日 08:55
 大人になると誰からも怒られたり叱られたりされることがなくなるので新鮮味を感じるのでしょう。怒る人は賢い人であって当然計算の上のことですから、よく考えたものだなと感心します。喧嘩なども同様で、大人の幼さの一部分の露呈であっても、自己顕示欲が勝って、でも計算しながら芝居を打ったりしますが、さすがに大人だけあって、ここまでは大丈夫だろうとかは織り込み済みのはずです。でなければ脳味噌が幼児レベルか性格が破綻しているかのどちらかです。俳句の世界では凄い人であっても、それ以外の日常は一般の人と何ら変わらない愛すべき人なのでしょう。愛あればこそとこちらにも伝わります。自然を愛でる感動を知り人生の機微に通じた俳句に造詣が深い方なら尚更ですね。
 傍観者の目線では、怒るも怒られるもこれすべて予定調和に見えます。仕事上であれば叱って優越性を確認し、叱られて従順さを示すなどは当たり前の日常です。大多数の大人に言えることですが、誰かから叱られることもたまには必要に思えます。例は極端ですが、誰も叱らないから悪い太郎ちゃんは更に悪くなるのです。
2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード