言外の言、理外の理、法外の法


画像

誰かさんの意見に乗せられ、気がついたら国民の大部分が同じ方を向いている。
誰もが同じだから、遠くまで見通しても果てしなく平板なのっぺらぼうばかりなのだ。
つるんとして気持ち悪いではないか。
デコボコがあってこそ、世の中は面白いと思うのだ。

だがデコボコすると異端審問にかけられる時代が存在した。
出る杭は打たれるの理通り、真っ平から外れると、誰かさんの憎しみは負のエネルギーを大量に消費させて排除にかかる。
町内には借り物の思想を自分のものと錯覚し、お先棒を担ぐうっかり者が耳をそばだて、トントントンカラリンとあちこちに忍んでいた。

怒りや憎しみや無知によって作られた壁は強固だった。
要するにクラッチに欠かせない「遊び」が無かったのだ。
オートマばかり乗っているから、遊びの大切さがわからなくなる。

だからへそ曲がりの私は、右を向けと言われれば左を向きたくなる。
上を見ろと言われれば下を見たくなる。
人を殺せと言われれば逃げたくなる。
誰かさんの言いなりにはなりたくない。
権勢に媚びたくはない。

どこまでも臆病な私は、殺さないとお前が殺されるんだぞと背中を押されても、たぶん人は殺せないと思う。
相手には彼の帰りを待ちわびる家族もいるだろうし、国家の憎しみを個人レベルに変換することなんて私には出来ない。
ならば背中から国家に銃口を向けられて死ぬ方がさっぱりする。
そして神にはならず、仏になって成仏したい。

画像

今日の不条理が明日の真理になることだってある。
その逆もまた然り。
それを国民は敗戦で学んだはず。
けれど特定秘密保護法とかマイナンバー制とか、誰かさんがまた国民を飼い慣らして真っ平にしようと目論んでいる。
国家あっての国民ではなく、国民あっての国家という当たり前のことを、誰かさんたちは完全に無視している。

戦争体験を知る人が少なくなった。
今のうちにもっと話を聴いておかなければと痛切に思う。
そして次代に語り継がなければと思う。
それが今を生きる我々の義務である。

今まで10数人の戦争体験者から聞いた話を若い人に伝えても、こちらも未体験だから、その悲惨さを伝え切れていないだろうと、ほぼ確信に近いと感じるもどかしさある。.
これではいけないと思いながらも、この中途半端な状態がやがて不幸な歴史を繰り返すことになるのだ。
さまざまな考え方が存在するのは歓迎するが、この部分だけはどうしても容認したくない。

友人が言った。
「今も存在する誰かさんを見分ける方法があるんだよ」と。
戦没者を悼む場合、一般の人は「哀悼の意を表します」と言う。
ところが誰かさんチームは必ず「哀悼の誠を捧げます」との常套句を使う。
崇敬の念を込めた丁寧な表現だとしか思わなかったが、言われればチームの方々は確かにそんな表現を使う。
なるほど、リトマス紙になるね。

個々は優しくて素敵な人が大半だと思うのだが、これが集団になると、私は激しい恐怖心に怯えてしまうのだ。
別に集団的自衛権に結び付けるつもりはないけれど、どうしても結びついてしまうのだ。
暴走させないための最高規範が憲法なのだから、遵守するか、さもなくば国民総意の改憲論議と集約は必須であらねばならない。

オートマしか乗れない人は「遊び」も覚えよう。
その遊びこそが言外の言、理外の理、法外の法なのだ。
そこから必ず、賑やかでカラフルなデコボコが生まれる。

個人や国家が語る正義なんて、あくまで主観レベルでしかないんだよ。
首相の戦後70年談話、どこか他人事に聞こえてしまったのは、私の理解力が足りなかったからなのかな?
しょせん私のような阿呆が書くことだから、無視して読み捨ててくれ。

でもね、若い人がどうしても戦場へ行かなければならないとしたら、こっそり匿ってあげて私が代わるしかないと思う自己矛盾がある。
戦争は外交力を失った時の武力増強合戦の果てのチキンレース。
裏を返せば国家の阿呆を露呈していることと知るべし。

画像

デコボコを歩いても痛くなければ健康らしい。
国家も健康であってほしい。
終戦記念日に思うこと。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

やじろべえ
2015年08月15日 19:29
トントントンカラリンの『隣組』制度は今の北朝鮮の密告制度と同じ。
70年間戦争をしなかったのだから、この記録をもっともっと延ばしてギネスに載せましょう。
豆太郎
2015年08月15日 20:32
亡き祖父が戦中に特高に目をつけられたと聞いた事があります。
残念ながら理由は聞き洩らしました。
mariko
2015年08月16日 12:39
合法的な殺人なんて絶対にあってはいけません。
国民のいない国家なんて有り得ませんよね。
世界中が平和であるよう願ってやみません。
管理人
2015年08月16日 23:03
ふざけてるわけではないのですが、
木枯し紋次郎が名言を残しています。

「くだらねえことで命のやり取りはしたくねえ」
「たったひとつの命だ、粗末にしねえ方がよござんすぜ」

争いごとには関わらないのが一番です。
やじろべえ
2015年08月17日 11:40
さすが紋次郎ですねえ。
覚えておいて是非使ってみたい台詞です。
2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード