三十年前は最近か昔か?


画像
今は昔、武蔵の国、北多摩郡(こおり)吉祥寺村に「銀の像」なる神楽殿ありき。
若き男女、縁故の伝手にて集ひ、眉目秀麗なる本尊吉祥天の、あらたかなる霊験を寿ぎ、天女へ神楽奉納すべく精進励みはべれば、近隣の老若男女応呼参集するを見て、若き社中、ドンツクドン、ポロロ~ン、ジャ~ン、ズンズンと、その妙なる音色を三つ四つ、二つ三つなど披露せし事、いとをかし。
十年ひと昔とは言ひけるも、思ひ起こさばすでに三昔の古き良きいにしへの御世の事とはなりぬ。
時、折しも彼岸の中日なれば、極楽浄土の扉が開く日とは言へど、まづは吉祥天女敬う事最優先すべく、それ故のご加護か、夜来の雨いみじう降りたりけるも早朝には止みて、やうやう晴れゆく神楽殿 昼前には少し明りて準備万端整ひはべりぬ。
社中連、時迫れば浮き足だちたる心持して、雅楽にいそしむこそ恥ずかしくも嬉しけれ。
余談ながら、吉祥天と毘沙門天は夫婦、吉祥天の母は鬼子母神と申す関係も、面白き巡り合はせの吉日とはなりぬ。

最近ではメンバーそれぞれが、肩が痛い、腕が上がらない、首が回らない、腰痛が悪化した、老眼が進んだ、胃腸の調子が悪い、心臓がチクチク痛む、ボーッと口をあけてるとよだれが落ちる、食べ物をこぼす、頻尿で何度も目覚める、くしゃみの後にチクショウと言う、同じ本を一週間で二冊買う、過呼吸で息が出来なくなる、普通に歩いてて電柱にぶつかる、三日目に疲れが出る、昨日の食事を思い出せない、毛根が死んだ、どっこいしょが口癖になった、水溜りを飛んでしくじる、熱いお茶を飲む仕草を「カワイイ」と小娘に言われる、異性にまったく関心が無くなった、「はじめてのおつかい」で号泣する、食事は大盛りを頼まなくなった、片足立ちで靴下を履こうとするとトットットと三歩進む、めまいでブラックアウトして倒れた、などの諸症状を抱え、三十年前の若さが嘘のようだ。

私の愛用の名器であるFender・Precision・Bassは以後死蔵されたままだが、他のメンバーもこの時を最後に、おそらくバンド活動はしていないはず。
解散ではなかったので、いつかは再結成しようと語り合った記憶はあるが、それでもみんな忙しくなり、そんな機会が訪れることもなく今日まで来てしまった。
ただ、バンド活動だけで結ばれていた関係ではないので、今も連絡を取り合っているのが、いつまでも友人であることの証し。
しかし中には、いったいどこへ行ったのやら、とんと行方知れずの人物もいるから、もうかつてのように全員で集まることもない。
演奏の出来はともかく、我が人生の中でも、いつまでも思い出に残る三十年前の今日、3月21日だった。
おそらく、みんな同じ思いでいることだろう。

はて、三十年前なら、私はわずか五歳か六歳だったことになる。
老いぼれると、計算も曖昧になる。


 


 メンバー紹介

画像

そして三十年前の今日、一番最後にアンコールで演奏した曲。
これが我等がバンド、「らん」のファイナルとなった。

 


 ポップコーンをほおばって 1


おまけ
スタジオ練習でサラッと流したバージョン。

 


 ポップコーンをほおばって 2


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード