夜道は暗い


どうやら、東電管内は、それほど節電する必要はないらしい。
それでも誰もが節電を意識し、実行しているから、悪いことではない。
要は、無駄を削るということ。

今年はまだ自宅のエアコンを使っていない。
(冬は暖房に使ったが…)
日中の猛暑にはクラクラするが、明け方になれば涼しく、充分に安眠できる。
一人暮らしを始めてからは、転勤が多く、エアコンとは縁がなかった。
今ではどのアパートもマンションも、クーラー完備が常識らしいが、そんな時代ではなかった。
我慢できない熱帯夜は、車に場所を移して、駐車場でエアコンを回して涼んでいた。
エアコンがあると思えば、そんな愚行もしてしまう。
今年は体調と相談しながら、自宅も車も、エアコンはなるべくなら使わないことにしようと思う。
なにより経済的だ。

さて、節電。
帰宅すると、室内には熱気が籠っていて、思わずのけぞりそうになる。
窓を全開にして熱気を追い出し、あとは扇風機の出番だ。
もちろん団扇を使えばいいのだが、数分で腕が疲れる。
シャワーのあとは、ほぼすっぽんぽんの状態で、扇風機にあたる。
それでクールダウン完了。
寝室に行く前は、照明を落としてテレビでニュースをチェックする。
テレビは去年と違い、エコモード機能がついているから、消費電力にも差が出るだろう。
そのエコモードのために画面は暗いが、室内照明を切ってあるからちょうどいい。

ところが、パソコンをエコモードにすると、パフォーマンスは悪いし、もちろん画面も暗い。
これは明らかに目にも悪いし、老眼にもこたえる。
そこで設定を微調整し、画面だけ少し明るくしたら、PC本体が熱を帯びてきた。
PCは便利に使っているが、たかだか10年前には、こんなもの無くても生活が成り立っていた。
それを考えると、反省しなければいけないことも多い。

ただし、PCからさまざまな情報を得るようになってからは、新聞の定期購読をやめた。
限りある紙資源のことを考えたからでもあるが、一紙だけでは、どうしてもその新聞社の論調に左右される危険も考慮した。
知らず知らずのうちに洗脳されるのは嫌だ。
思考や思想は、常にフラットでいたい。
マスメディアへの不信感は、政治同様に持ち続けている。

せっかくだから、PCを調べものに利用して終わりにしよう。
東電管内で、原発による発電は何%か確認し、これからはその分だけの節電を心掛けたい。
電力会社を選択できないから、それしか原発への抵抗と節電方法が思い浮かばない。
このブログ記事を書くにせよ、PCはかなりの電力を消費しているはず。
ならば、いっそやめようかとも考える。
それでもこんなものを楽しみに待ってくれている人も多いらしい。
因果なことを始めてしまったものだと後悔しないでもないが、いつかは終止符を打つにせよ、今しばらくは続けてみよう。

それでも節電と節約は必須条件。
そこでこれからは、ブログはケータイから文章を送り、それを貼り付けて済ませることに決めた。
(ケータイからアップすることも出来るらしいが、やり方が分からん!)
PCの利用も、極力控えよう。
ということは、ブログの更新頻度も落とすのが自然の流れだろう。
書きたいことがあれば、その時にだけ更新しよう。

ということで、実はこの文章、ケータイから送ったのであります。
文章がまとまらないのは、そのせいです。

夏は暑いのが当たり前。
夜道は暗いのが当たり前。
その当たり前を忘れてしまったから、節電節電と大騒ぎすることになる。
文明は便利なようで、実はこんなにも危険を内包していると気付くのが理性と文化。
これが、今回の原発事故で痛感したこと。
日本中の原発が全停止したって、痛くも痒くもないぞ。

さあ、これから出勤。
今日も日差しが強いんだろな。
今日も暑いんだろな。
今までの我が人生の如く、今日も日陰ばかりを歩こう。
ああっ、PCが熱を帯びてきた!

画像

画像   画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード