消せよ!


あちらこちらから夏の節電対策が耳に入って来ます。
一番多いのが「エアコンの温度設定を見直し、28度まで上げよう」という薦めで、これまでも自宅ではずっと「除湿のみ 設定温度28度」を続けていた私には、何だかなあ、なのです。
でも愚痴をこぼしたり、どこかに文句を言っても始まらないし、やはり節電は個人レベルから見直さなければいけないのでしょうね。
電力消費の多いエアコンも、去年の猛暑を思い出すと、それでも完全に止めるには躊躇してしまいます。
自分の家一軒くらいなら、消費電力だって全体から見れば高が知れているだろうと…。

ところが、みんながそのような意識で使っていたら、大停電になるかも知れません。
これは考えるまでもなく、とても恐ろしいことで、停電が即、命に関わる現場だって数多く存在するから、やはり停電は避けなければいけません。
企業は輪番制で電力不足を乗り切るようですが、また計画停電を実施しない限り、家庭で輪番を徹底するのは難しいことでしょう。
友人宅では温水便座を使っていて、冬場は快適なようですが、夏には当然不必要になるでしょうし、便座だって、いつ使われるか分からないまま、ずっと温めて待っていたのです。
これは明らかに無駄なことで、温水にせよ24時間スタンバイして、人間様が使うのを延々と待っているのです。
水が冷たかろうと、その程度は我慢できる範疇でしょうから、「あ、冷たいなあ」とイラッとするくらい辛抱しましょう。

尻拭いといえば、東電のお尻を拭くのも、結局は国民にそのツケが必ず回って来るわけで、東電のお尻は汚いから嫌だと拒否は出来ません。
東電に賠償責任があるからといっても、政府がキッチリ補償を補償する(何か変な表現だけど)と啖呵を切ってしまったのですから、電力料金の値上げが無ければ、国民が「税」という形で負担しなければいけなくなります。
世の中の仕組みは、常に国民にとって理不尽と相場が決まっているから、我々はそれに従うしかありません。

お尻つながりで書くのですが、震災直後にトイレットペーパーが店頭から消え、製紙会社はフル操業でトイレットペーパーを増産していましたね。
やがてポツポツと店頭に出回り始めたのは、何故かダブルのペーパーだけでした。
シングルの方が増産が早いのでは? と疑問を抱いていましたが、よくよく聞けば、製造段階でペーパーを回すドラムが、ダブルならシングルの半分の時間と電力で済むのだと知りました。
だから、効率や消費電力を考えれば、ダブルのトイレットペーパーの方が良いわけです。
初めて知った豆知識でした。

またまたお尻つながりで書いてしまうのですが、亡き親友がまだ少し元気で、私が彼の通院に付き合っていた頃、診察の帰りには、よく病院近くのドラッグストアに寄りました。
「今日はポイントが5倍だから」
という理由もあったのですが、
「娘がトイレットペーパーを大量に使うから、すぐに無くなって困る」
と、必ずシングルの安売りを大人買い(この表現でいいのかな)してました。
シングルもダブルも同じ値段だったのですが、きっと彼は、製紙業界の内部事情に疎かったのでしょう。
それでも、いつもシングルをチョイスしていた理由を聞き洩らしたのが残念です。

とにかく節電です。
こうしてPCを開いていても、かなりの電力を消費するようです。
だからこんなどうでもいい話を延々と書いている今こそ、大いに反省しなければいけないのでしょう。
個人レベルで出来ることといったら、こんなことの積み重ねです。
ところがこのブログの運営サイトは、そんなことを考慮するどころか、管理画面にはブログネタをいくつも表示して、家庭や個人のPC使用を強力に推奨しているのです。
例えば、
「降水確率、何%だったら傘を持って行く?」
とか、
「自分は無人島で生き抜けるタイプだと思う?」
また、
「あなたは左利き? 右利き?」
「塩、醤油、ソース…、目玉焼きにかけるのは?」
「毎日の朝食、あなたはご飯派? パン派? 」
「メロンパンvsカレーパン、どっちが好き?」
「インスタントラーメンはカップ派? 袋派?」
「ショートケーキのイチゴ、いつ食べる?」
「 みかん、1日で食べた最高記録を教えて」
などと、とにかくどうでもいいようなことでブログを書かせようとしています。
おまけに、その中のネタで記事を書くと、抽選で賞品まで出すようです。
これはアフィリエイトや、アップした画面のどこかに必ずつく広告を目的にしているんでしょうが、個人レベルで積極的に節電を実行しようと、みんなで考えている時に、こんなことでいいのかなと疑問が湧きます。

中には塩漬けされたままのサイトもあるようですが、いまやブログ人口は数千万人もいて、「何となく暇だから、あっちこっちのブログでも見てみようかな」とPCを開く人も大勢いることでしょう。
仕事でどうしてもPCを使わざるを得ない人は仕方ないにしても、個人のヒマ潰しでPCを開くと、またその積み重ねが膨大な電力を消費するわけです。
などと相変わらず偉そうに書いていますが、他人のことを言える立場ではありませんね。
当ブログは、記事をアップしてもしなくても、日々のアクセス数にはほとんど無関係だし、新着記事を24時間以内に必ず見て下さっているだろう奇特でヒマな方は、おおよそ50人くらいです。
確実に見ているだろうと予想できるのは10人弱ですから、こっそり隠れて毎回ご覧になっている人の方が多いのですね。
どこのどなたかまったく存じませんが、隠れていたい気持ち、よく分かります。
有難くも、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

こんな駄文を懲りずに見て下さるのは有難いのですが、駄文はしょせん駄文でしかなく、腹の足しにもなりませんから、書いてアップするこちらも気が引けます。
それが長い間に、ググッたりヤフッたりで、過去のエントリにも、毎日驚くような数のアクセスがあって、
「何でこんな与太話に集まるの?」
の疑問も湧いたりしています。

それでも、ネットウォッチャーの友人の話だと、私の記事をコピペしているサイトも複数あるようで、世間様の役に立っているのか、その逆なのか分かりませんが、とにかくその方たちはわざわざPCを開いて閲覧しているわけです。
まるで節電とは逆行ですね。
書くから読む人がいるのですから、過去の記事はもう仕方ないとしても、もうこうして意味のない話題に時間を費やすのは、電力不足が解消されない限り、極力控えようと思います。
書くにしても、PCを開いて記事を考えるのではなく、携帯で文章を打って送り、それをコピーすれば、少しは節電になるでしょう。
(今はPCの「メモ帳」に下書きをして、コピペでアップしています)

もちろん、Eメールも極力控えます。
また、CPUの負担を軽くすれば多少は消費電力も減るかなと、それほど重要ではないソフトは削除したり停止させたり、メールも同様で、本当に必要な用件はバックアップしますが、それ以外は、届くそばからどんどん削除します。
いつも記事の感想を送って下さる多くの方、
「コメントに載せて」
とあるものだけは載せますが、面倒臭がり屋なので、愛想のない奴とか、無礼な奴と思われているのは承知していながら、返信もせずに申し訳ありません。
書き終わってアップした時点で、記事は私の中で、すでに自己完結しているのです。

これからは自宅のPCも、開くのは夜間の30分程度に留めましょう。
後はなるべく部屋を暗くして、好きな音楽をヘッドフォンで聴いて過します。
でも、いずれにしても、電気は消費してしまいますね。
今の季節なら、夜は部屋の灯りをすべて消して雨だれの音でも聞いて、俳句のひとつでも考えましょう。
問題は真夏の暑さですが、極力陽の当らない道を選んで(今までの人生、ずっとそうでした)歩き、自宅で過ごす夜はすっぽんぽんになって濡れタオルを体に巻き、うちわでパタパタやって(たまには扇風機も許して欲しい)気化熱を発散させることにしましょう。
マンション住まいだから、風鈴はご近所迷惑なので吊るすのをあきらめることとして、大量の打ち水は出来ませんが、ベランダにも少しは水を撒きましょう。
その前に、網戸を張り替えなければいけませんでした。
昨年の秋、何かに驚いた鳩が我が家の窓に突進して来て網戸に足を引っ掛け、今はズタズタの状態なのです。


画像

リビングの照明を行燈だけにしてみました。
写真では明るく映っていますが、これで40W。
これでは本も読めないけれど、こんな雰囲気の夜もいいでしょう。
いっそ電球をLEDに替えようとも思うのですが、まだ切れる気配のない電球を替えるのもエコじゃないし、交換はいかがなものかと思案中です。

先日、夜の新宿を歩いたのですが、あまりの暗さに驚きました。
日本一の繁華街なのに、ちょっと場所を移動するだけで、周りの人の顔がはっきりしません。
でも10分もすると、その暗さに慣れている自分に気付きました。
これで充分じゃないかと、改めて、必要以上に明るすぎた以前を思います。

さて、もうPCを閉じる時間なので、これで終了します。
ブログネタで、エコじゃないこんな設問もありました。
「寝るとき、電気は消す派? つけておく派?」
消せよ!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード