長崎原爆忌


この写真を知っている人は多い。
けれど、撮影者のジョー・オダネルの名を知る人は少ないだろう。
彼は米軍の従軍カメラマンとして敗戦直後の日本の地を踏み、爆撃による被災地の状況を記録するために、広島や長崎などを訪れた。
彼は職務に忠実だった。
一台のカメラで被害状況を克明に撮影した。
上層部からは、人物を撮ることは固く禁じられていた。
しかしその職務とは別に、彼は私用のカメラも持参しており、被災した日本人も密かに撮影していた。
けれどそれは明らかな軍紀違反であり、帰国後も決して公にすることはしなかった。
終戦から約半世紀、彼は突然目覚めたように、この写真を発表した。
これは長崎での一枚。
タイトルは「焼き場に立つ少年」

昨年(2007年)、小さな記事がジョー・オダネルの死亡を伝えた。
写真発表後、来日した老齢のオダネルはこの少年を探したが、手掛かりがまったくないまま帰国している。

画像


ジョー・オダネルのコメントが残っている。


佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺めていました。
すると白いマスクをかけた男達が目に入りました。
男達は60センチ程の深さにえぐった穴のそばで作業をしていました。
荷車に山積みにした死体を石灰の燃える穴の中に次々と入れていたのです。

10歳ぐらいの少年が歩いてくるのが目に留まりました。
おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中に背負っています。
弟や妹をおんぶしたまま、広っぱで遊んでいる子供の姿は、当時の日本でよく目にする光景でした。
しかし、この少年の様子ははっきりと違っています。
重大な目的を持ってこの焼き場にやってきたという強い意志が感じられました。
しかも裸足です。

少年は焼き場のふちまで来ると、硬い表情で目を凝らして立ち尽くしています。
背中の赤ん坊はぐっすり眠っているのか、首を後ろにのけぞらせたままです。

少年は焼き場のふちに、5分か10分も立っていたでしょうか。
白いマスクの男達がおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひもを解き始めました。
この時私は、背中の幼子が既に死んでいる事に初めて気付いたのです。
男達は幼子の手と足を持つとゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえました。

まず幼い肉体が火に溶けるジューという音がしました。
それからまばゆい程の炎がさっと舞い立ちました。
真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年の
まだあどけない頬を赤く照らしました。
その時です、炎を食い入るように見つめる少年の唇に、血がにじんでいるのに気が付いたのは。
少年があまりきつく噛み締めている為、唇の血は流れる事もなく、ただ少年の下唇に赤くにじんでいました。
夕日のような炎が静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま焼き場を去っていきました。

< 1999年 朝日新聞社発行 「写真が語る20世紀 目撃者」 より抜粋 >


「原爆投下は間違いだった」
彼は半世紀を経て転向した。
しかし、被災直後の惨状を目の当たりにしたオダネルの思いは、アメリカ国内ではいまだにマイノリティである。
だからかどうか知らないが、日本国内でもそれに追従するように、「原爆投下は仕方なかった」と言う政治家や政治活動家が現れる。

オダネルの意思は息子へと受け継がれている。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

電脳和尚
2009年04月28日 15:49
核は恐ろしい。
少年の胸の内を知る術はないけれど、この写真を見て核廃絶を願う人と、少年の無念に報いるには日本も核を保有すべきと、まるで正反対の志向や思想が生まれるのでしょう。
それがとても恐ろしい。
どんな戦争にも大義など絶対にありません。
管理人
2009年04月29日 12:25
地球上には3万発の核兵器があるそうですが、それを使う人間は誤謬する生き物です。
世界から孤立し(させられ?)、戦争への道へ突き進んだ日本と、現在の北朝鮮がダブリます。
まあ、たとえ経済制裁を強化したとしても、バックには中国とロシアついているので暴走はしないでしょうが、それでも敗戦した日本に学ばなければならないことは多いはずです。
愚かな指導者は、自国民を集団催眠にかける術だけには長けているようで、それがどうにも困ります。
北に限らず、核をちらつかせての外交は、ヤクザの恐喝や押し込み強盗と同じです。
我が国も、平和な日本に生まれて良かったと、国民すべてが心から思えるようになれば、どれだけ素晴らしいことでしょう。もちろん集団催眠はゴメンですが。
元全共闘
2009年04月29日 21:25
 この写真とオダネル氏のコメントを日本国憲法の条文に入れて、義務教育で生徒に暗誦させて欲しい。私は戦争とは原爆投下まで行ってしまうものだと感じている者です。戦争を始めた日本の軍部、統帥権を持った軍部と抑えられなかった政治や報道。自分の意見を持てなかった国民。すべて教育が到達すべきものとして米国人ジョー・オダネル氏の感性を知るべきものです。戦争は始めてはならない。たとえどんなに小さな戦争でも。
Dr.イッコー
2009年04月30日 22:14
如何なる主義・主張があろうが暴力で相手を
屈服させることは憎しみしか生じません。
イスラム原理主義者にしてもイスラエルや
ルワンダ・ソマリアの人々もひとりの人間と
して付き合えば、決して理解しあえないとは
思えません。誰もが自分の家族や友人が血を
流し、生活が困窮することを望まないはず。
ほんの一握りの狂気的な指導者の暴走に
異を唱える事は、簡単には出来ないでしょう。
「正義」はそれぞれの立場で正反対にある。
有史以来、人は「益」のために血を流して
きた。いい加減その愚かさから脱却しないと
取り返しのつかない事態になると危惧します。
管理人
2009年04月30日 23:29
また憲法記念日が来ますね。
いつも護憲、改憲と、かまびすしいことしきりですが、それよりも、なぜ世界中の国々の憲法に、日本の第九条を組み入れさせることを考えないのかと不思議です。
半角斉
2009年08月09日 12:31
広島・長崎を訪れた麻生さんが核廃絶を訴えましたが、世界中から核をなくすためには核保有論者の麻生さんに永遠に総理大臣でいてもらうことも、日本が核保有しない(できない)ような抑止力になるのではと考えました。非現実的で荒唐無稽な話ですが。
テレビを見ながら、黙とうして犠牲になられた方々のご冥福を祈りました。
よさこい騒乱
2009年08月09日 15:55
ブレなければナイスアイデアでしょう(笑)
でも選挙後は消えてしまう人でしょうから、そうしたら安倍前総理や中川(酒)さんと一緒に持論の核保有をブチ上げるんでしょうね。
過度の危機意識は妄想を生みやすいものです。
オバマ大統領のプラハでの演説も苦々しく聴いていたことでしょう。
ジョー・オダネル氏の意思は米大統領の政策や提言に生かされていると信じましょう。
とにかくノーモア被爆者です。合掌。
元自民党支持者
2009年08月09日 21:15
ピタリと止まった麻生下ろしも選挙後にはまた再開されるのでしょうね。全党一致で選出されたのだから、麻生下ろしより麻生担ぎの反省会からこそ再スタートしなければ国民の信頼は取り戻せないと思います。
核兵器保有論支持イコール自民党では決してありません。誤解されておられるようなので・・・。
核兵器のない世界は理想ですが、その理想を追求するのが政治の役割です。
原爆で亡くなられたすべての方のご冥福を心からお祈りします。
豆太郎
2009年08月10日 18:57
私の知る限り、被爆者から核武装の声を上げる人は一人もいません。この意味が何を指しているか一目瞭然です。
管理人さんがアップした記事はかなり抑制が効いている事が分かります。行間に込められた想いをくみ取る事が大切だと考えています。
石地蔵
2009年08月12日 20:04
核武装論議を唱えるのも、タブー視して批判するのも、言論の自由が保障されていればこそです。
核武装は米の核の傘から外れる事を意味しますが、中国を始めとした近隣諸国以上に米が断固阻止に動くでしょうね。
IAEAとNPTから脱退して世界の孤児になる覚悟があるかどうかです。
議員さんたちには、選挙後の政界再編で分かりやすく離合集散してもらう事を願っています。
通りすがりのおばさん
2011年08月09日 19:39
写真を見て、オダネルさんのコメントを見て、また改めて写真を見たら思わず涙が溢れて、書き込みをせずにはいられなくなりました。
どんな大義があろうと、戦争も核兵器も絶対に反対です。
管理人
2011年08月11日 00:33
コメントありがとうございます。
このエントリーは、ほぼ毎日アクセスがあり、特にこの時期には多くなります。
人それぞれですから、中には興味半分で写真だけ見て立ち去る方もいらっしゃるかも知れませんが、あなたのような方に読んで頂ければこの上ない光栄です。
余計かもしれませんが、戦争は、すべて独善から始まるものです。どんな戦争にも大義などは「根本的に」存在しないと考えています。

核兵器やホロコーストはもちろん、ナパームやクラスター、また生物兵器などのようなジェノサイド兵器も根絶させる必要がありますね。
明石の君
2012年08月09日 16:50
この少年は被ばくしたか? そして所在は? 生死は?
気になる事だらけです。
管理人さんや皆さんのコメントに、
こちらのブログの良心を見た思いです。
管理UNION
2012年08月13日 13:33
生きていらっしゃれば
おそらく八十歳前後の年齢でしょう
お元気で暮らしている事を
切に願っています
横丁の隠居
2019年08月07日 20:31
この写真に関して9日にはNHKでジョー・オダネル氏の放送があるやに漏れ聞きました。
皆さんが色々な書き込みをされているのを拝読し、共感する一人として足跡を残させて頂きます。
(リンク切れが残念ですね)
サスケ
2019年08月09日 21:39
今年も広島でも長崎でも核兵器禁止条約への署名と批准について全く触れなかった首相一人が場にそぐわない人物に映りましたね。
隣の芝生
2019年08月24日 15:16
それぞれの国の指導者の劣化が目に余ります。
劣化は退化や幼稚化と同義語です。
日本の首相は浪費癖のある単なる好戦家で、一番大切な「いのち」に思いが至らないのでしょう。
血税を使いたい放題使って、国民を何処へ連れて行くのやら・・・。嫌な時代を生きている実感ばかりが募ります。
伊織
2019年11月24日 14:56
フランシスコ教皇の核廃絶メッセージが沁みました。
心に刻み、語り続けなければいけませんね。
2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード