時雨亭往還

アクセスカウンタ

zoom RSS 行列の先には何がある

<<   作成日時 : 2007/11/14 10:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10


新宿を急ぎ足で某所へ向かっていると、ドーナツ屋に行列が出来ている。
そういえばテレビで紹介されているのをチラッと見たことがある。
あ、食べたこともある。
若いお姉さんが買って来たものを一個もらったことを思い出した。
きっとその店なのだろう。
当然、雑誌などもこぞって取り上げているに違いない。
美味しかった。
でも行列してまで食べようとは思わない。
この店のドーナツが100点としたら、ミスタードーナツは私の舌では95点。
わずか5点の違いで行列までしたくない。
それとも私の味覚が異常なのか。

それにしても日本人は行儀よく並ぶのが好きな民族だ。
誰一人として急ぎの用事など抱えてはいないのだろう。
驚くほど平和な光景である。
セカセカしているのは、どうやら私だけのようだ。

画像

ドーナツではないが、以前、テレビで紹介された店で食事をした。
その店に入ったのは偶然だった。
たまたま目の前にあったという理由だけだった。
しかし入ってみると、テレビで絶賛されたというメニューが店の一番のお勧めで、ならばと試しにそれを頼んで食べてみた。
かなり空腹だったが、ひと口で箸を置いた。
メディアの嘘か、それとも店の奢りや怠慢か。
すぐに店を出て、近くのファミレスに入り直した。
同じメニューで値段は半額以下、味は数倍ファミレスの方が美味しかった。

メディアにも大きな原因があるのだろう。
すべての食べ物番組や特集がそうだと言うのではないが、バカ舌グルメレポーターは何を食べても美味しいと言うし、おだてられてテレビに映れば店側だって舞い上がってしまう。
しかしそれを信じて視聴者は行列を作る。
さすがに老舗といわれるところは真っ当な味を守っているが、中には紹介されたせいでダメになった老舗も知っている。
一層の努力を怠らない店もあるが、それはごく少数でしかない。
それでもテレビで紹介された店だからと人々は押し寄せる。
メディアの功罪である。

都心や繁華街ではなく、地方でも長い行列が出来る店は多い。
某テレビ局のグルメ番組だった。
「この近くに○○の美味しいお店があると聞いてやって来たんですが、何処にあるかご存知ですか?」
語彙の貧弱なレポーターが登場し、畑で農作業中の人に訊いた。
「そのお店なら、あそこの角を曲がって5分くらいのところですよ」
訊かれた人は手を休めて真面目に答える。
行列が出来るくらいだから、ネットでも数多くヒットしたはずだ。
だから取材先に選んだのだ。
レポーターも取材スタッフも店の所在くらいとっくにリサーチ済みで、場所なんか先刻承知の上なのだ。
リサーチどころか、店との事前の打ち合わせも出来ている。
でなければアポなしでバカ舌グルメレポーターを始めとした大勢のスタッフが、わざわざ無駄足覚悟で来るわけがない。
真面目に答えた人に対し、これではあまりにも失礼ではないか。
まだ分からない振りをして、ご丁寧にレポーターはまた別の人に同じことを訊く。
程度は違ってもこれは確実にヤラセの範疇にある。
しかし、すでに業界ではまったく問題にはならないらしい。
マスゴミといわれる所以である。
そう考えると、テレビ拒否、マスコミ拒否の店こそ、本物の食べ物を提供してくれる店ではないかと思えて来る。
しかしどこまでもバカなメディアは、次は取材拒否の店の特集などを平気で企画する。
場所や店名を明かさないことを条件に取材OKが出ても、それを電波に乗せていったい何を伝えたいのだろう。
紙よりも薄っぺらなコンセプトである。

あの店の○○が美味しいと聞けば、人々はこぞって押し寄せる。
自分の足でゼロから探すよりは確かだろう。
だから行列が出来る。
しかし味覚は人それぞれ、千差万別。
ミシュランガイドの覆面調査員の舌が決して万人に受け入れられるわけではない。

話は飛ぶが、日本百名山ブームが続いている。
この百名山は深田久弥個人の選んだ山である。
しかしそんなことはお構いなしで、誰もが深田の百名山を目指す。
日本は山国で、それこそ列島全域に、無限とも思えるほどの山が鎮座している。
自分が登って気に入れば、何故それを自分の百名山に出来ないのか、何故その発想が生まれないのか不思議で仕方ない。
自分の感動よりも深田の感動を追体験しようと血まなこになっている姿は滑稽で、何だかとても淋しい。
百名山どころか、二百名山、三百名山もある。
百名山を完登すると、次の目標をそれらに定める人も多い。

結局、自分の味覚や感動を信じられないから受け入れることも出来ず、他人の意見や感覚に対して簡単に同調してしまうことで安心して、自信の無さに目を背けてしまうのが日本人の標準的な行動理念なのだろう。
もちろん私もその中の一人であることは否定しない。
多数の中にいることは、何を措いても心地よいからだ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
マジョリティとマイノリティのどちらが居心地がいいか考えれば結論は明らかですね。
思考を停止して大勢に流されるのを一般大衆と言うのでしょうか。
おいしいかまずいか分からない店に入るより、常に80点の味のファミレスに行くのも、マスコミに踊らされて行列を作るのも理解出来ない訳ではないですが、たしかにそれは日本人特有の心理行動でしょう。
深田久弥の百名山の感動の追体験同様、他人の食の追体験もある意味では自分の味覚を信じられないからかも知れません。
私は何の料理でも、お袋の味が最高だと思っています。
(妻には内緒ですが・・・。)
豆太郎
2008/11/22 16:33
グルメ番組もぼんやり見ているだけでしたが、なるほど番組作りも善意の一般の人を巻き込んでる事に気付き、目からウロコが落ちました。
鋭い視線のこんな話題に納得と共感です。
ぼんやり生きてるとたしかに思考は停止してしまいそうです。
ごんべ
2008/11/23 00:18
ニュースでボジョレー・ヌーヴォーの輸入量は日本が一番多いと言ってました。いつも2千円未満のワインばかり飲んでますが、たまにボジョレーを飲んでも(頂き物だけど…)値段に見合ってるとは思えません。
きっと私の味覚と吸覚が鈍いんでしょうね。ふんだ!
みんな分かって飲んでるのかな?
玉梓
2008/11/23 01:06
管理人さんらしい視線の批評は分かりやすくて納得です。
小生はこんな内容をいつも待っています!
よさこい騒乱
2008/11/23 16:00
サザンテラスのクリスピーですね。新宿に出た時はたまに行列して買って帰りま〜す。
(^^ゞ
並んで待ってると一個もらえるんですよ♪
管理人さんとニアミスしてたかも。
(*^^)v
さつき
2008/11/23 17:51
いつもこんな内容では血圧に悪いので、たまに、ということにしておいて下さい。

西口のヨドバシからハンズへ抜ける時によく通りますが、もしも行列してなかったら買ってみます。
管理人
2008/11/23 21:25
南口から行くと右手に宮崎県のアンテナショップ、反対の左側のスタバでよくお茶をします。
クリスピーのドーナツは多少の行列なら並ぶ価値あると思いますよ♪
以前の事ですが、しっかり並びながら、この行列なに?と言うオバハンがいました。
(;一_一)
きらら
2008/11/25 22:46
首都圏在住だったんですね。
トシのせいか、食べ物に行列するのは配給の食料を待つ終戦直後のような感覚で、ワクワク感よりもミジメさが先行してしまうのです。
欠食児童(若い人は知らないコトバだろうなあ)とか肝油ドロップ(これも知らないかな)とか脱脂粉乳(これは聞いたことあるでしょう)とかの時代をおじさんは生きて来たのです。
反論もあるでしょうが、ドーナツの味は、どこか給食の揚げパンに通じるような気がします。
若い人は「ソフト麺」が懐かしいと言いますが、おじさんの時代にはそんなモノなかったです。
硬い肉だったけど、クジラの竜田揚げが一番のゴチソウでした。
管理人
2008/12/01 07:33
オフ会があれば参加させてくださーい♪
(^_^)v
きらら
2008/12/01 20:21
人見知りなのでオフ会はどうも…。
元気になったらまた別の機会にお願いします。
m(__)m
管理人
2008/12/03 07:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
行列の先には何がある 時雨亭往還/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる