うしろ姿のしぐれてゆくか


今日は義士祭。
箱根旧街道の甘酒茶屋は神崎与五郎ゆかりの場所。
大事の前の小事に耐える姿は忠臣蔵の中でも名場面のひとつ。
史実ではないようだが、良い戯曲だ。
それにしてもここの甘酒は米麹だけと言うが、少々甘過ぎるように感じた。

湯元に下る旧街道の畑宿で、京都から徒歩で日本橋を目指す中年男性に出会った。
14日目だと言う。
さわやかな笑顔を見せてくれたが、すぐに氷雨降る石畳に消えた。
そのストイックな面構えと足の運びが私の琴線に触れた。

画像

画像

レンズに水滴が付き、画像が歪んでしまった。
(ーー;)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2020年07月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード