皆さま良いお年を


良いことがひとつと、悪いことが山ほどあった一年でした。
お芋さんのきんつばを食べながら、行く年を惜しみます。
皆さま一年間お付き合いありがとうございました。
喪中なので新年のご挨拶は控えさせて頂きますが、
来年もよろしくお付き合いの程よろしくお願い致します。
それでは皆さま良いお年をお迎え下さい。

画像

たったひとつの良いことも、時が経ってしまえばどうでも良いことだった。
重ねる馬齢に反して、夢や希望はしぼんで行く。
この年には父が亡くなるなど悪い一年だったが、今年(2,007年)も良いことがひとつもなかった。
耐用年数が過ぎれば、物も終焉を迎える。
炊飯器から始まり、洗濯機、エアコン、パソコン、携帯、そして車。
出費ばかりの散々な一年だった。
歳を取るに従って、つつがなく一年を終えることが一番の幸せだと感じるようになる。
それよりも一年もの間、配信停止要請もなく、皆さんがメールを受け取ってくれていたことに感謝した。
諦観も挫折もありて暦の果。

年末は実家に戻り、神棚を掃除することになっている。
台所の荒神様もきれいにする。
この時は八重洲の大丸地下の「芋きん」を買って実家に向かった。
浅草名物だが、浅草で買い求めたことは一度も無く、いつも大丸で購入していた。
地下食品売り場の中にあり、行列も珍しくない。
ただし並んでまでして買おうとは思わないので、たまたま空いていたのだろう。
きんつばといえば小豆が普通だが、丁寧に裏ごしされた芋のきんつばは美味しい。
しっとりとした食感と控え目な甘さで飽きが来ず、二つ三つと手が伸びる。

甘党同士が顔を突き合わせると、「つぶあん派」と「こしあん派」の舌戦が必ず勃発する。
両派は決して己の主張を譲らない。
『あんこは滑らかでなければなりませぬ』
『皮も食べてやるのが、小豆への礼儀というものだ』
『繊細さを味わうデリカシーが欠けておりまする』
『何を言うか、皮も含めて小豆を丸ごと食べずにあんこを語るな』
『それをバカ舌というのです』
『無礼者、小豆に詫びろ』
『あなた小豆やめますか、人間やめますか』
『人間やめても小豆は食うぞ』
あんこの皮一枚のことで、イイ歳こいた大人が逆上する。
これをつぶあん派、こしあん派のTK戦という。
T派はK派を、K派はT派の嗜好や論理を全否定し、その論法の脆弱さや人格をも糾弾する。
おそらく日本中で毎日こんな会話が交わされているのである。
どちらでも良いではないか。
すべてを受け入れるのが真の甘党というものだ。
私は餅になりたい。
餅になって、ぜんざいやお汁粉の中で、しっかりと煮えた小豆にまみれてずっと浸っていたい。

あんこの狭小な争いの他に、世間には和菓子派と洋菓子派の対立というものもある。
『日本人なら和菓子を食え』
『世界に目を向けろ』
『非国民め』
『ナショナリストめ』
どちらでも良いではないか。
和洋折衷のスイーツも多い。
クリーム蜜豆やアイス最中は仲良く共存してるではないか。
クレープやホットケーキだってあんこと同居するではないか。
いや、もはや同衾といっても過言ではない。
今すぐ対立を中止し、現実に目を向けなければならない。

死ぬほどシュークリームを食べたことがある。
トラックに乗っていた頃の話だ。
明け方に仙台付近の国道4号線を走っていると、無線仲間からの呼び掛けがあった。
『ただいま4号名取。どなたか近くにいますか』
『はい九兵衛です。現在4、6合流ポイント』
私は当時「ちゃっかり九兵衛」と名乗っていた。
4,6とは4号線と6号線のこと。
『ねえ、シュークリームいらない?』
『欲しい。どうしたの?』
『間に合わなかった。買い取りだよ~』
この無線仲間は一匹狼の飛ばし屋トラッカー。
時間指定の緊急の荷を専門にしている。
時間通りに着けば実入りは良いが、間に合わなければ荷はすべて本人買い取りとなる。
あまりにもリスキーな仕事なので、引き受ける奴などほとんどいない。
『どのくらい欲しい?』
『ふたつくらいでいいよ』
『了解』
ということで場所を決めて合流した。
『ハイ、ふたつね』
『おい何だよコレ』
ふたつとは2ケースのことだった。
こちらはお返しに、水槽の中を泳ぐ2キロのタイを出刃で〆て血抜きして渡した。
会社に戻り、数人で数百個のシュークリームを囲んで、大々的にシュークリーム祭りを挙行した。

甘党の友人との会話。
『まんじゅう食べながら渋茶すするのって最高だよな』
と私。
『そこでお茶飲んだら、口の中に残ってる甘さが消えちゃうだろう』
こいつこそ真の甘党に違いない。

ひねくれ者なので、一年の最後は、あえておちゃらけてみました。


画像

ところで10個入り1,050円だった芋きんも、現在はいつの間にかちゃっかり値上げしている。
九兵衛さんはおもしろくない。

「芋きん」の包装紙は見ていて楽しい。
大川(隅田川)八景というらしい。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ごんべ
2007年12月19日 16:37
軽くていいなと思いました。
もっとおちゃらけてください。
みんみん
2007年12月31日 23:17
はじめまして。
どこにカキコしていいのかわからなくて結局ここにきめました。
隠れ仁成館通信ファンでしたが初登場します。
毎回楽しみにしていますので、これからもよろしくお願いします。
みんみんでした。
番頭
2008年01月06日 20:35
はじめまして。
ばかなことばかり綴っているので隠れたい気持ちは良~く判ります。
こちらこそよろしく。
2018年04月14日 21:00
ちゃっかり九兵衛さん・・
今夜は、此処までおやすみなさい。
面白かったで~す。また来年分を読ませて頂きます<(_ _)>

「芋きん」は、春日部から8月に帰郷する
小学校のお友達の何時ものおみやげです。
食べ応えのあるお土産で~す(^_-)-☆
ちゃっかり九兵衛
2018年04月15日 17:33

シュークリームを死ぬほど食べるより、
薄茶で芋きんをひとつ程度がよろしいようで。

最近、甘いものばかり欲しがる体質になりました。
今日はどらやきた食べました。糖尿病予備軍です。
でも美味しいものはやめられませんね。( ^^) _旦~~
2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード