森を散歩


森を歩くといっても宿の周囲はすべて森。
所々に熊のてんこ盛りの糞があって激しくビビリます。
みなさんはご存知ないでしょうが、大声で「残念節」という歌を歌って、熊を牽制しながらの散歩です。
少々の雑キノコを採って退散しました。
バンを連れて行けばよかった。

画像

栃川の出合いから仁成館へ、ほぼ中津川と並行して「遊歩道」という名の小径が続いている。
和山へ向かう途中の分岐までは昔の「草津街道」だったらしい。
踏み跡はしっかりしているが、一歩森に足を踏み入れれば、そこはブナやナラの原生林。
一部に白樺や、植林された杉はあるものの、一帯は自然の気に溢れている。
山菜はあまり期待できないが、キノコは豊富な場所だ。
森の中に点在するムラサキシメジなどは宝石のように美しい。
ただ、秋山郷の人たちは何故か木に出現するキノコしか採らず、地上に顔を出すキノコには関心を示さない。
シモフリシメジなどは絶品なのに、もったいないことだ。

ところで、「残念節」を紹介する。
実際は軟派なのに硬派のバンカラを気取っていた高校時代、先輩から教えてもらった。


          「残念節」

1 向こう通るは女学生
  三人並んだその中の
  モストビューティーが気に掛かる
  色はホワイト目はパチリ
  口元キリリと紅の
  あふれるばかりの美しさ
  もしも女房になるのなら
  俺はこれから勉強して
  ロンドンパリを股に掛け
  フィラデルフィアの大学を
  優等で卒業した時にゃ
  彼女は他人の妻だった
  ソレ残念だ残念だ残念だ
  残念だったらまた探せ

2 向こう通るは女学生
  ずらり並んだその中の
  一番ブスケに惚れられた
  色はブラック目はギョロリ
  口元ダラリと紫の
  狂うばかりの恐ろしさ
  もしも女房になるのなら
  俺はこれから泥棒して
  網走小菅を股に掛け
  五年十年また五年
  やっと監獄出てみれば
  それでも彼女は待っていた
  ソレ残念だ残念だ残念だ
  残念だったらまた逃げろ


明らかな女性蔑視である。
だから女性の前では披露できないのである。
ばかばかしいが、こんな歌ををまだ覚えている。

ついでだからもう一曲記しておこう。
これは大学に入って教わった。
元歌は同志社らしいが、詳しいことは判らない。
内容は母校に合うように、勝手に改編されている。


          「世界の学生さん」

どうせ惚れるなら世界の学生さん
世界は世界でもヨーロッパはダメよ
アメリカアフリカなおダメよ

どうせ惚れるならアジアの学生さん
アジアはアジアでも中国はダメよ
インド韓国なおダメよ

どうせ惚れるなら日本の学生さん
日本は日本でも北海道はダメよ
九州四国はなおダメよ

どうせ惚れるなら本州の学生さん
本州は本州でも関西はダメよ
東北中部はなおダメよ

どうせ惚れるなら関東の学生さん
関東は関東でも神奈川はダメよ
埼玉千葉はなおダメよ

どうせ惚れるなら東京の学生さん
東京は東京でも六大学はダメよ
中央上智はなおダメよ


もうやめるが、我田引水のこの調子で、最後は自分の学部まで続く。
本当に大切なことは片っ端から忘れるのに、こうして無駄なことばかりが頭に残っている。
興が乗れば今でもつい口ずさんでしまう。
困ったことだ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

Mろーど
2007年09月24日 19:43
 久しぶりに覗いて笑いました。私のところでも同じ学生さんの歌はありました。日本の学生は単純なのかも。PCは疲れてしまうのですが時々覗いて見ます。笑いたいからです。
番頭
2007年09月25日 20:42
「メッチェン節」というのもありますが、長くなるので割愛しました。
「世界の学生さん」はかなりポピュラーな歌ですよね。
2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去の記事

テーマ別記事

最近のコメント

QRコード