時雨亭往還

アクセスカウンタ

zoom RSS とりあえずビーフ

<<   作成日時 : 2018/04/08 05:00   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 10


十日間も留守すると、世間でも身の周りでも様々なことが起こって、温厚?な私としては黙っていられなくなる。

しかし世間の不愉快な出来事は、ほとんどすべて、当ブログに於いて十年以上も前から主張し続けている延長線上のことで、屋上屋を重ねることになる。
だから今のところは敢えて自重したい。

虚実ない交ぜの情報が錯綜する情報過多社会や、どこかで誰かが密かに蠢いている監視社会、マイナンバーなどによって国民皆背番号を付けられた管理社会、そして一番の問題が、民主主義が民主的でないルールによって動いていることが恐怖だし、これこそが民主主義の危機である、と付け加えるだけにとどめよう。

簡単に言えば、虚偽情報に踊らされず、先ずはその真偽を確かめてから意見を述べよう、短絡的、恣意的な同じ土俵には上がらないよ、とのスタンスである。

どの情報も何かしらのバイアスがかかっていることを前提に吟味しなければ、迂闊に発信できない社会になっているので、黙殺はいいとしても、過剰反応されるのは愉快ではない。

ただ、これだけは記しておきたい。
昨年、「国難突破解散」と言って総選挙に打って出た、その「国難」とは何だったかを、今どれだけの人が覚えているのだろう。

国のトップがその任に不適格であれば、政も官も腐敗するのだと、国民はやっと気づいたか。
今こそが国難ではないのか。
今こそが解散すべき時ではないのか。

ヒタヒタと、不穏な足音が聞こえる。
暴君は政治的存在でもあるが、一方でカルト宗教的存在でもある。
不幸な時代を生きている実感もあるが、国民が正気を取り戻すなら、現政権は近いうちに崩壊するので、今しばらくの辛抱である。


画像
さて、旅行中の出来事の拾遺でもと思うが、どうやら春バテに罹ったらしく、これといったこともなかったから、書くこともない。

それでも、掛け流し温泉の宿に泊まり、なおかつ、ばあさんが簡単に何度も入りやすいようにと、風呂付きの部屋に逗留した。

ところがこの内風呂、全面ガラス張りのスケルトンなのだ。

若いカップルや、お忍びでいちゃつきに来た熟年男女なら大喜びで、あんなことこんなことぜーんぶしちゃおうね的な内湯は勘弁して欲しい。

まさかそんなこととは知らずに来たものだから、ばあさんのすっぽんぽんも視界の端に入る。

血縁といえど、否、血縁だからこそすっぽんぽんは見たくないので、部屋を出て、付近を散策して時間を潰す。
潰し過ぎるとブラックホールになるから程々で戻るが、これには参った。

しかし効能を見ると、内湯は加水循環で、本物の温泉ではない。
但し、大浴場ならば源泉掛け流しと気付いてからは、ばあさんを大浴場へ送り出すことにした。

戻ったばあさんが言う。
浴室に入ったら、親切な人が注意してくれたんだそうな。

何を注意されたかと聞くと、すっぽんぽんになったつもりでも、パンツだけ脱ぎ忘れて浴室に入ったようで、そりゃ指摘されて当然だわな。

こんなネタばかりが増える。


画像
で、やっと解放感を満喫している今日である。
おひとりさまは心地よい。

十日間、魚ばかりの食生活だったので、半ば発作的に牛肉を食べたくなった。

体は正直で、とりあえずビーフ! と主張している。
その言や善し。

昔は、動物の死肉を食うなんて野蛮である、の主張もしたが、久し振りのステーキは美味しかったし、しっかり栄養として体内に吸収される感覚もある。


舞鶴の大相撲巡業での話題がかしましい。

異変を察知して土俵に駆け上がり、すぐに状況を把握して心マを始めた女性看護師たちの的確な判断に、胸が熱くなった。

ほぼ条件反射に近い行動だったのだろうが、人命の尊さを本当に知る方が、こうして沢山いらっしゃるのだと再認識して、まだまだ日本も大丈夫だと少しだけ安心した。
土俵へ上がる前に、上がってもいいですか? とひと言尋ねたらしい咄嗟の機転も素晴らしい。

土俵から下りろとか女性蔑視とか塩を撒いたなどの喧々囂々は、人命を前にすれば、鼻くそ以下の馬鹿騒ぎでしかない。

AEDの講習は受けたが、さて、このような場面に遭遇したら、的確に処置できるだろうか。
それよりも、おひとりさま状態で倒れたらと思うと、対応策が見つからない。
不適切を承知で言うが、あの場所で倒れた市長は運に恵まれていた。

ライスは頼まなかった。
炭水化物ダイエットを心掛けて標準体重に戻そう。

「○○党の重鎮が…」とアナウンサーが言っているのでテレビを観たら、この人が重鎮? と、三角大福の時代に想いを馳せ、つい苦笑してしまった。
小粒は山椒だけでよろしい。
腐臭の上に飛ぶ頭の蝿でも払ってなさい。

政府広報が今回は人気漫才師を起用して、「マイナンバーカードは15歳から作れますよ、身分証明書に利用できますよ」と、血税でテレビCMを流し始めた。
納税や徴兵のために未成年のうちから管理して縛るには、まだ不十分と考えているのだろう。


  税金使いやがったな春の蝿    時雨亭


今年も固定資産税と都市計画税の課税明細書が送られて来た。
自分の土地や家なのに、何故ショバ代やミカジメ料を払わなければいけないのかと、毎年この不条理を思う。

借家暮らしにシフトさせるのが国家戦略なのか。
土地は国家のものだから、やがて国土すべてを国有地にしたいとでも目論んでいるのか。

その土地を、また様々な小細工でカルト信者に安く転売し、果てしない逆マネロンや浪費を繰り返すのか。
日本は、考えても理解できない不思議がいっぱいである。

以上、本日の日報はこれがすべてで、隠蔽などありません。
あまり自重できなかった…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 ネットって好きなことが書けて便利ですが、注意して書かないといけませんね。反省してます。賢弟さま。国民が大人しいので安倍内閣もやりたい放題、言いたい放題ですね。昔、国会で 「愛人が三人いるのは本当か」と聞かれて 「正確には五人です」と言ったあの人のほうがどれだけましかと思います。笑。
美代子
2018/04/08 09:13
 最近のブログは若者が撤退して中高年の溜まり場の様相を呈しているようなので、通じる人も多いでしょう。五人の女性が年老いても、私を頼る限り養うのが私の義務云々。リアルタイムでは知らない政治家でしたが、このような豪快且つ情の深い人に国を任せたいと思います。すべて政治の責任とは断定しませんが、彼らが聖典のように崇め奉る教育勅語を再読させ、速やかにお引き取り願いたいと痛切に願っています。私は妻一人も養えないヘタレなので、ブログという名の犬小屋の中から遠吠えするだけです。この時期、洟と涙と嚔と色々お忙しくて大変でしょうが、どうぞお大事に。
時雨亭
2018/04/08 14:32
女性が土俵に上がっても、
塩を撒かれるだけで済むって事ですよね。
その程度の伝統なら、大量のお塩を持参して、
ずかずかどんどん上がってみたいです。
伝統って何でしょうね。
ほっこり
2018/04/08 17:40
 うっ、その方向から来ましたか…。ざっくり言えば慣習の積み重ねが伝統に変質するのでしょう。野見宿禰と当麻蹴速の御代(もちろん架空の人物)からの勝負事なので神事だったとは思うのですが、詳細は相撲協会のHPなどにそれなりのことが書いてあるのではないでしょうか。歌舞伎は出雲阿国から、とは誰もが知っていることですが、なぜ男性の芸能に移行したかも知りませんし、能も同様です。伝統の阪神VS巨人戦とか、高校野球の伝統校などの使い方もあって、結構お手軽に使われてる感がありますね。ほっこりさんの場合は「穢れ」を指していると見当をつけましたが、その部分こそが歪曲された「伝統」の悪弊だと思います。ですからご指摘はまさに正論で、何故あれほどまでの大騒ぎになるのか不穏です。不浄どころか、女性は永遠に尊敬する憧れの存在です。かなり神秘的な女神でもありますね。支離滅裂でごめんなさい。うちにも神秘や不思議を全身にまとった山の神がいるもので。(笑)
時雨亭
2018/04/08 19:56
そんなつもりで書いたのではなかったんです。
ご迷惑をお掛けしました。<m(__)m>
どんなコメントにも誠実に対応される
お優しい時雨亭さんの大ファンです。
今回ばかりは本当にお返事は無用です。
くれぐれもお気遣いなく!
ほっこり
2018/04/08 20:57
おはようございます。
こちらこお気遣いそありがとうございます。
時雨亭
2018/04/09 05:28
『国民が正気を取り戻すなら、現政権は近いうちに崩壊するので、今しばらくの辛抱である』
私は正気なので今しばらく辛抱しますけど、とっくに我慢の限界を超えています。今すぐでもいいんですけどね。
近いうちに上京します。
mariko
2018/04/10 21:32
一人の為政者を守るために、どれほど多くの周囲の人が虚偽を重ね、加担させられているが明らかになって来ました。じわじわ、しかし確実に外堀が埋まっています。お待ちしています。
時雨亭
2018/04/11 07:29
相撲の話ですが、愛媛県の大三島の神社では、毎年、神様と人間が相撲をとります。
我々俗人には一人相撲にしかみえませんが…。
毎年、必ず神様の2勝1敗です。
神様への奉納相撲ですから、八百長はしてないと思います…。
ひま爺イヴ
2018/04/14 09:46
 
 ニュースで何度か観たことがあります。大山祇神社の一人角力ですね。まるでパントマイムのようでした。演者?は真剣なのでしょうが、どこか笑えてほのぼのしました。面白い神事ですね。
時雨亭
2018/04/15 17:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
とりあえずビーフ 時雨亭往還/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる