時雨亭往還

アクセスカウンタ

zoom RSS 除夜の鐘

<<   作成日時 : 2017/12/31 23:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


画像
煩悩まみれの我が身を省みて、厄払いのつもりで、近くに除夜の鐘を撞くお寺を宿のフロントで訊き、防寒フル装備で出掛けた。

そこそこの人出だが、都内のお寺に比べればどうということはない。

間近で聞く鐘の音は迫力があり、体内を巡って肚の底にまで響く。

あれ? お坊さん、昼間のファミレスで見掛けたイケメンの若者だ…。
すごい変身にびっくり。

行列に並んで撞かせて頂いたら、パンチングボールやサンドバッグを叩くより爽快だった。


 丹田はここに在りしか除夜の鐘    時雨亭


 除夜の鐘離れた音が風になる    同


 除夜のかね音を纏ひて帰路男坂    同



即吟だから寒さに負けたことにしてしまおう。
今年も最後まで、句作は素人のままだった。

しかし素人は気づいた。
記憶の奥のそのまた隅っこに蕪村の句が引っ掛かっていた。


 涼しさや鐘をはなる ゝかねの声    蕪村


年内、といってもあとわずかだが、蕪村のパクリで今年の句作納めとした。


 昼のファミレス茶髪のをみなと談笑すをのこは除夜の僧となる


短歌も稚拙…。
(本当は金髪だったが、それじゃ外国の女性になってしまうので茶髪に変えた)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
除夜の鐘 時雨亭往還/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる