時雨亭往還

アクセスカウンタ

zoom RSS 盆と正月は一緒には来ない

<<   作成日時 : 2017/12/29 23:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2


今年は、実家の神棚を例年以上に徹底的にきれいにした。
きれいにしたとて、百年以上も昔のものなので、木は痩せているし、神棚の下には何故か仏壇があって、神様は常に香煙で燻されているから汚れもひどい。

畏れ多いことだが狭い住居なので仕方なく、神様だって産土神と氏神が同居していて、ついでに仏壇の阿弥陀様とも良好な関係を保っているようだから、このままの状態で来年以降もお許しを請う。

年内最後のゴミ収集にも間に合ったし、年賀状も書いたし、大量の洗濯も済ませた。
ずいぶん乾燥しているらしく、それほど日当たりが良くないにもかかわらず、大きなタオルケットも3時間ほどで乾いた。

お昼にはリハビリがてら、ばあさんをスーパーまで引っ張って行き、握り寿司を買って帰った。
市場も年内は今日あたりで終わりだろうから、お正月に食べる魚介類は冷凍ものになる。

あれもこれもと、日々のルーティンを済ませただけだが、今日は一切のことを手抜きせずに終えたので、ちょっとくたびれた。

4時にコーヒーを淹れてひと区切りつけ、窓から通りを眺めていると、お札を納めに神社へ向かう人もちらほら見える。
画像
数日間留守するので、食材をすべて使い切って夕食の下準備を終えてから、こちらも産土様&氏神様にお札を納めに行き、今年もそこそこ恙なく過ごせたことに、心でお礼を申し上げた。

すでに境内にはお焚き上げの火の番をするご老人一人しかおらず、時折火がはぜる音しか聞こえない静寂の中にあった。


玉ぼこの大路とよもし行く人も静かになりぬ夜はふけぬらし


また木下幸文の歌を載せるが、こちらはまだ5時過ぎだから、宵の口という時間でもない酉の刻前である。
玉ぼこは大路の枕詞、その大路は京都の大路のことで、「貧窮百首」の一首。

ただの大路では、東西と南北に何本もの大路が通っているから、どの大路かはわからない。
大路は朱雀大路の代名詞ではないからだ。

往来の絶えた夜更けの道を詠んだだけの単純な歌だが、「貧窮百首」は幸文が29歳の暮れから正月にかけて詠んだもの。

暮れも正月もない赤貧の中にあって、賑わいの失せた夜更けの大路に、己の心情と重なるものがあったのだろう。


今年さへかくてくれぬと故郷の空をあふぎてなげきつるかも


盆と正月は一緒には来ないが、幸文には正月も来なかった。
その素直な心情の吐露が、見栄やプライドまみれの現代人には嫌味にも思えるだろうし、幸文の知名度だって驚くほどマイナーである。

江戸時代後期に、こんな歌人が貧乏をかこって生きあえいでいたのだと心の隅に思うだけでも、生きる上で何かしらの役には立つ。

充実した日々(リア充というらしい)を偽装して誇示しなければならない人生って、何だか寂しい。
誰もが自己承認欲求に走ると、社会全体が個人レベルから歪んで行くように思えてしまう。

肩ひじ張らず、ありのままの姿で生きましょ。
妬みに繋がっちゃうから、他人を羨むのはやめましょ。

盆と正月が一緒に来たら、お盆の時に困ります。
step by stepで毎日を過ごしましょ。

こんな拙いブログでも、沢山の優しい方々が訪ねて来て下さる。
貴重な時間を割いて頂き、申し訳ないやら消え入りそうな気持ちで感謝しております。

小っ恥ずかしいけど、この歳になっておそらく初めて、単なる常套句ではなく、みなさん良いお年をお迎えください、と心から願っています。


ばあさんを連れて年末年始は東京から離れるので、おそらく今回が今年最後の更新です。
ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
575より長い文章は、苦手です。
投稿文が、羨ましく勉強になります<(_ _)>
直ぐ忘れるのですが・・
此方こそ有難うございました。。

佳いお年を(^_-)-☆
みなと
2017/12/30 17:32
こんばんは
文章が長いのはノープランで書き始めるからで
着地点を探っている間に長文になってしまうようです

短文で収める技術が
なかなか身に付きません

お元気で!
ありがとうございました
時雨亭
2017/12/30 21:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
盆と正月は一緒には来ない 時雨亭往還/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる