時雨亭往還

アクセスカウンタ

zoom RSS もし淋しさがインクだったら、今夜君に手紙を書ける

<<   作成日時 : 2017/12/28 22:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2


忘年会と言っては当たらない。
けれど慰労会ならどうだと誘われて出掛けた。

酒も飲みたくない、人にも会いたくない。
けれど「あの日」の件で、香典の他に、誰が言い出したのか今でも不明だが、多くの人からカンパも頂いたから収支明細書は作った。

それを送ろうと、その旨を連絡したら、ならば集まろうじゃないかという流れで、プリントを持参して見せた。
そんなこともういいよ、どうせ赤字は確実だろうからと言われ、ざっくり説明して、その件は終了。

大赤字は覚悟していたが、それでもみんなの誠意で中赤字程度に収まった。
奥さんも感謝していたし、私だって予想以下の出費に抑えられて大いに助かった。

ならば私からの謝恩会ではないか。
逆に、こちらから招待しなければいけない立場だったのだ。

画像
一般的に世間は今日か明日が仕事納め。

サラリーマン諸氏が盛り場に繰り出すのだろうと思ったが、実際はそれほどでもなく、こんな日くらいは早く帰宅しようと考えたのかも知れぬ。

温かい家庭があって、家族が待っていて、若いシングルならば帰郷の準備も必要だろう。

故郷で懐かしい人と再会し、健康でいられた今年を感謝し合い、それを延長させて来年へ繰り越す。

そんな年末の光景を想像しながら歩く東京は、ここにしか故郷のない私の孤独をしみじみと感じさせてくれる。

「鎮静剤」という堀口大學訳のマリー・ローランサンの詩は有名だからみなさんご存知だろうが、「女」を「彼」や「私」に置き換えると、何だか胸に沁みて来る。


 退屈な女よりもっと哀れなの悲しい女です

 悲しい女よりもっと哀れなの不幸な女です

 不幸な女よりもっと哀れなのは病気の女です

 病気の女よりもっと哀れなのは捨てられた女です

 捨てられた女よりもっと哀れなのはよるべない女です

 よるべない女よりもっと哀れなのは追われた女です

 追われた女よりもっと哀れなのは死んだ女です

 死んだ女よりもっと哀れなのは忘れられた女です



かなりくどいけれど、最後の一行だけで言いたいことはわかる。

ずっと忘れないさ、と誓い合っても、数十年も経てば、忘れないと言っていた人が忘れ去られる心細いことだってあるかも知れないのだ。

無縁社会という言葉がいつの間にかメジャーになって、それは大家族時代が核家族化し、そして個ばかりが世間のマジョリティになりつつある現代。

日本では、年間におよそ30万人の人口が減っている。
一極集中という東京だって、年末年始には、ほぼ純粋な東京人が、故郷東京にとどまるのだろう。

だからどうだと話を膨らませるつもりはないし、私一人が考えたところで腹の足しにもならないからやめる。


早く退席するつもりが、どうしてもカラオケに付き合えと半ば強引に拉致され、仕方なく1曲だけ歌って30分ほどで今度こそ帰宅させてもらった、

その1曲の出だしがタイトルの歌である。


 もし淋しさが インクだったら
 今夜 君に手紙を書ける
 ついさっき 沈む夕陽が
 僕の肩を貫いたから
 川の流れが激しすぎるよ
 オールをどこか さらわれちまった
 ねぇ君 そんなとき 向こう岸から
 手をさしのべてくれるかい…

 時が背中を たたいてゆくよ
 世界中を 背負いなさんなと
 男にも 泣くときがある
 部屋のドアに鍵をかけてね
 川の流れが激しすぎるよ
 橋も遠くて 届かないんだよ
 ねぇ君 そんなとき 真剣な目で
 心のロープ投げるかい…



ちょっと場の雰囲気を壊して申し訳なかったので、アーティスト名は敢えて書かない。
彼岸と此岸をイメージしてしまうから…。

駅では、すでにキャリーバッグを曳いて帰省だか旅行だかの人も多く見られたし、目の前を通り過ぎた夜行バスも満員のようだった。
良い便りを持って出掛け、元気になって戻って来てください。

今年はいろいろありました。
来年はいろいろありませんように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ボス、ご苦労さまでした
ファイト!
エミ
2017/12/30 22:20
ファイトは不発っぽいですが
気遣いありがとう
時雨亭
2017/12/31 09:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
もし淋しさがインクだったら、今夜君に手紙を書ける 時雨亭往還/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる