時雨亭往還

アクセスカウンタ

zoom RSS 次回は15皿!

<<   作成日時 : 2017/12/26 20:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0


実家のばあさんの食事の献立には毎回、無い頭を悩ませる。
レパートリーも少ないし、食べる量も少ないときてる。

だから作り置きするにしても、あ、以前作ったやつがまだ冷凍庫にそのまま残ってる…、てな具合で重複してしまうのだ。
ドラフト会議のくじ引きじゃあるまいし、さすがに重複ばかりでは可哀そうだ。

内臓疾患の総合商社じゃないが、心臓、肝臓、血管などすべて駄目で、飽和脂肪酸に気をつけなきゃいけないし、先日はとうとう、お医者さんから糖尿病の宣告までされてしまった。

こちらも付き合って食事をするから、気を遣って好きな物は食べられないし、胃袋のキャパも小さくなっている。
介助しながら勝手だが、大福食べたいとか、とんかつ食べたいと、いつも思ってる。


で、前置きはこれくらいにして、前日、ここ数年間別居している妻がやって来て、二人で西友に行き、お惣菜のカキフライなんぞを買ってしまった。
もちろん、ばあさんにはナイショである。

カキフライと、妻が作ったチキンカレーを食べ終わって、「明日のお昼はお寿司を食べに行く!」 と高らかに宣言した。
もちろん回るお寿司である。

ついでに、「30皿食べてやる!」 と、これまた大風呂敷を広げ、それでもシャリさえ小さければそのくらいイケるんじゃないかと、これは根拠のない自信である。

9月の旅行で数年振りに回転寿司屋さんに入り、そこでタッチパネルというものを初体験してしまった。
あの面白さが病みつきになり、ネットで自宅から一番近いタッチパネル常設のお店を探したら、○シローとわかった。

○シローは業界トップと聞くから、初めて行くにしても、さまざまな点で平均は超えているだろうと予想した。
システムはすぐに理解したが、旅行先で入った店はレーンが2本あって、発注したものは注文品専用レーンでやって来て、到着予告のすぐ後に目の前でピタリと止まるから分かりやすかった。

目標を下方修正し、15皿と決めた。
頭が決めても実際の判断はお腹が分担するので、シャリも小さ目だし、イケるんじゃないかと踏んだ。
踏んだのは、意識と断絶した胃袋である。

ところが○シローは、到着予告はあってもレーンは1本だから、取らないとそのまま流れ去ってしまう。
妻は食べるのに集中していて、自分の発注品を見逃してしまった。

開店直後だから席を立って追い駆けて確保したが、予告があったら油断してはいけない。
いい歳になっても、社会に付いて行くには、こうして新たな学習が必要になる。

一つ何かを覚えると、トコロテン方式で、もっと大切な他の何かを二つか三つ忘れ去ってしまいそうで、こうして老いていくのだなと不安になったりする。

新しいことが覚えられない。
スマホデビューしようと妻からレクチャーされても、5%か10%理解するのが精一杯で、10%じゃ理解したことにはならないだろうと、我が頭明快にならざり、じっとガラケーを見る。

画像メニューには七貫盛りもあり、店を出てから妻が計算するに、これを3皿分に換算すると、12皿相当は食べたようだ。

ばあさんなら1日半くらいの量だろうか。
こっちだって腹八分どころか腹十五分で、おなかは信楽焼きのタヌキ状態である。

本当は8皿くらいで満腹だった…。

でも量はともかく、ばあさんにサカナはピッタリだし、不飽和脂肪酸がメインなので、消化器官や循環器官やダイエットにも良いわけだ。

あれこれ献立に悩むより、ちゃんとしたスーパーの握り寿司でも積極的に食べさせればこっちも楽だし、ばあさんも健康でいられるから一石二鳥ではないか。

胃拡張にならない程度で、次回は15皿!
生きて行く上で必要なのは、常にワンランク上の目標を掲げることである。

あと数日で年が改まり、寿命だって押し詰まって来ているというのに、我が人生、こんなことでいいのか…。
これをポジティブ思考と言い切っていいのか…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
次回は15皿! 時雨亭往還/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる